2017年8月14日 (月)

静かな雨

20170814_130247晴れれば めっちゃ めっちゃ 暑いsun
涼しいと思へば 土砂降り!rain
ピカピカ、ゴロ ゴロもあったし
thunder
今年の夏はどうなっていたんだろうsign02
今まで感じた事の無いおかしな天候、
誰もがそう思ったに違いない、sign02

が、今朝は 珍しく 小雨、静かなの、
暑くないの、涼しいの???

夏休み中の花達はどうしているだろう、
わずかに槿が、チョビチョビと鉢植えの花が、たったそれだけ、
揺れるさるすべり
ピンクを惜しげもなく散らして
その足元はピンクの絨毯! そろそろ終りかな?

雨は静かに降り続いている、rain

20170814_134803  20170813_114119







| | コメント (0)

2017年8月12日 (土)

花も夏休み

20170807_103457殊の外の暑さに驚きsun
50年に一度かもと、typhoon
言われるほどの
土砂降りに翻弄されたここ数日、rain
心身ともに疲れ果て なす事もなく
いたずらに 時が過ぎて行く、clock

庭の花達も ぐったり、
近くの道に ただひと群の花
黄色に咲きみだれて 道行く人の目を奪う、
名も知らぬその花は
照りつける陽ざしsun をものともせず
肩を寄せ合って 咲き誇っている
何と言う花だろうか?
あの特攻隊の後に咲いたと言われる
それとも違うようだが
ただ夏の日に黄色がよく似合っていた、heart01


20170807_103457_2

| | コメント (0)

2017年7月31日 (月)

百日紅

ちっちゃかったあのさるすべりが今年も見事に咲いて私を見下ろしている、

この辺はさるすべりが街路樹によく使われているが環境があっているのだろうか、

我が家はピンクだけど、紅いろも綺麗 紫に近いのも・・・様々な色の中に、
白い枝が揺れているのをみるとひと際綺麗に見えるが いかが?

私は ”百日紅”と書くと また違った感じを受けるのが不思議でならない

今日も 暑い陽ざしの中に 頑張ってゆ~らゆら!ピンクが揺れてる、
E子さん、
  貴女が下さったさるすべりがイッパイ花をつけてます、元気でいてねheart04

Dsc_5425   Dsc_5427





| | コメント (0)

2017年7月 6日 (木)

山百合が

取りまぎれていた お中元の追加、present
ついでにBカメラでカラーを補充、手に余る荷物オモイオモイ!sweat01
駅からはタクシーcarで お昼を回っていた、
気がついたら ヤマユリが咲いて・・・華やか、大好き、
スマホでも撮って 内心得意顔、日曜日に見てもらう準備に貯めておこう。

なすのしぎ焼き、キュウリ、わかめ、ほたても合わせてキュウリ揉み、
ヘルシーな夕食、一人ぼっちはラ~クチン!happy01

Dsc_5411
Dsc_5413  Dsc_5414

Dsc_5416











| | コメント (2)

2017年7月 2日 (日)

また逢う日までネ

大船 フラワーセンターがひとまず休園と言うので出かけた
その最終日と言うのでバスrvcarはどうやら同じ目的の人で満席、

園内は雨模様にもかかわらず人、人、人、
迎える職員は何故かことさらニコニコ顔、wink

私は目指す菖蒲池へ  
   あらら?花は無い、  ちらほら見える花を追ってぱちり!camera
花は待ってくれないのを痛感、最終日を迎えてか花の賑わいは無く

Dsc_5322  Dsc_5327

Dsc_5326  Dsc_5328

僅かに 早咲きの桔梗が綺麗、アガバンサスは見事な集団、
ブッドレア 始めて知った名前だが藤を思わせる優雅さ
最終日とあって人は多いが花は疎ら、
   そうよねぇお終いだものねぇ・・

Dsc_5348  Dsc_5351

いいとこ撮りcameraをして温室へ
今までの通りヒツジ草
花が小さい睡蓮)は咲き揃い、これもなくなるのかと寂寥の思い、
ヒスイカズラの花がおもたげにぶら下がってご愛敬、
南国の花々が競ってその姿をみせ、相変わらずの温室風景、
大好きなブーゲンビリアが眼を見張るほどに咲き誇って南国を思わせる

Dsc_5392 Dsc_5397 Dsc_5394

Dsc_5401 Dsc_5403 Dsc_5398

月下美人らしき鉢を見つけて 
   あれれ?もう咲いたの?
立て札の説明によると”満月美人”と言うそうでかけあわせでできたものとか
月下美人ほどの華やぎが無いのは 私の身びいきか?

Dsc_5363  Dsc_5364

今年は蓮の花はみられないと思っていたが 早咲きの鉢を並べてくれたのは
関係者の心遣いであろうか・・・一輪、二輪、揺れる葉陰に頬をそめるように・・・

Dsc_5405  Dsc_5408

Dsc_5354 Dsc_5376 Dsc_5368

Dsc_5384  Dsc_5372

Dsc_5374
rainは止んで陽がさしてきた、sun
汗ばむ肌を気にしながら帰途に就いた、
一万歩を上回った お別れ散歩であった

Dsc_5330  Dsc_5331

Dsc_5333  Dsc_5361

来年4月が再開予定とか・・
県営ではなくなるので 
入場料は値上げ、いろいろ変化が出ることだろう
帰り際に渡されたプリントには再建にあたりかかる費用がしるされていた

(画の上でクリックすると大きくなります)

| | コメント (2)

2017年6月23日 (金)

ひまわりが

Dsc_5311トマト在庫切れになったので 思い切ってわいわいへ
暑い陽ざしにsun汗びっしょり、メークインも買ったのでオモイオモイsweat01

Dsc_5309   Dsc_5310


Dsc_5315   Dsc_5314
会館横のひまわりが綺麗に咲き揃って ここは
   夏、真っ盛り sign03

ひまわりの咲く頃は私の最もつらい季節、
7/8は 規の逝った日だから、数え切れないほどの月日がたったのに
はっきり記憶に残るあの夜、shock
   もうすぐね、できれば来ないでほしい!crying


仏壇には ポルシェのロゴが輝いてる、その車のキーも 
彼が最後まで握っていたキーだから私もいつも見つめてるheart01

Dsc_5304








| | コメント (2)

2017年6月 4日 (日)

美容柳と

Dsc_5271美容柳が真っ盛り、
横浜にいたころ あるお宅で始めてこの花と出合った、
なんて素敵な花だろう・・・と心酔、
頂きたかったができずに心残りのままであった

ところが藤沢へ移ってきたら あちこちで見かけるのでビックリ、
早速植えて毎年楽しみにしている
秦の始皇帝が 美容柳か 楊貴妃かと言ったとか言わなかったとか
それほど美しいこの花は多くの人が好むに違いない

開いた花びらの中央に すっくと しかし群がる様に集まるおしべの
繊細さは他に類を見ない
そよ吹く風に折れんばかりに揺れるその花は 
見かけによらず 芯が強いのかもしれない だって~折れないんだもの

黄色は幸せを呼ぶと言う またお金が入るとも・・・
だから植えた訳でもないが好きな花の一つ
今年も玄関脇に、紫陽花の脇にそのたおやかな姿を揺らしている、
   幸せいっぱい!

ふとみたら すぐ傍の梅に青い実が一つ、二つ、
   あらら、なったのね、嬉しい!
巨峰のつるも徐々に伸びてやがて・
・・なんて楽しみが増す!

Dsc_5267 Dsc_5270 Dsc_5272

Dsc_5262 Dsc_5263 Dsc_5275

















| | コメント (1)

2017年6月 2日 (金)

つゆ草

Dsc_5258紫つゆ草が綺麗にひらいて 道行く人の目を引いている、

横浜に居たころ、初めて
つけてたちまち虜になった私、heart01

こちらに移ってから 庭に植えて・・・

この時季が待ち遠しい日々、やっと首を揚げて・・・

しばらくは楽しめそう・・・heart04

Dsc_5260  Dsc_5261





| | コメント (1)

2017年6月 1日 (木)

我が町の紫陽花ロード

Dsc_5237  Dsc_5238
Dsc_5239_2

梅雨にはまだ間がありそうだが
今にも降り出しそうな空模様、
団地への道すがら
”紫陽花ロード”と
私が名付けているその道は
ソロソロ咲き始めているだろう
が、思いは外れて
盛りには少し
早かったようで 
Dsc_5242
花は疎ら、ガッカリ!
折角来たんだからと
シャッターを切る、




Dsc_5248  Dsc_5250

Dsc_5253  Dsc_5255











| | コメント (1)

2017年5月26日 (金)

雨のバラ

Img_3206  Img_3197
Img_3178  Img_3179  Img_3180
垣根のバラが咲いた heart04
何十年も前、横浜開港記念バザーで買った薔薇の苗、
こちらへ移転した時に未練があったので移し植えた
何年も経って・・・
フェンスにからまり 時には指に棘が 
   いたっsign01   血が滲んだり・・・
そんな思いを毎年繰り返しながら
あまり手入れをしないので見事ではないがそれなりに可憐な姿を見せている
   きれいですね 良く咲きましたねぇ なんて声をかけられると
   やった~sign03 と   満更でもない私、happy01
今朝はしっとり雨にぬれて色も鮮やか
隣に咲く蔓バラはお隣から頂いた枝を指したものだがこれも負けず劣らずの咲きっぷり、雨にもめげず、という感じ、健気に咲いてくれている、lovely
私も負けてはいられない、とはいえ 花も女も盛りを過ぎると寂しさ一入 weep

Img_3194  Img_3195

Img_3200  Img_3201

Img_3192  Img_3188  Img_3189




















| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Photo プラスα | 手芸 | 日記 | | 食べ物