« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月31日 (水)

一念発起のはずが

/31
一念発起のはずが

晴れて暖かい朝だ 予定を見ると 昨日のダスキンの機器が飛び込んできた

そうだ~やらなくっちゃ~ 一念発起したんだもの・・・珈琲を飲みながら・・・
そうそう 清美のかわでマーマレードも作らなくては・・・
夏みかんが、必要だと思い出して大急ぎ
先ずは材料をとタクシーで ヨークマートへ、ついでにあれこれ買って やれやれ! 
カードで支払ったら 10円残り! 買い物上手!と褒められて・・・(笑)
かえりもタクシーで帰宅、チョットばかり余計に上げたら
マスクとクリアバックをくれた、タクシーに乗ってお土産をいただいたのは初めて、

なんだか疲れたようで 一休み、ぐったりが治らない、
掃除機の点検をするはずだったのに??手も足も出ない、
昨日、一念発起したはずが・・・ただ疲れた~。明日にしようと、give up!

| | コメント (2)

2021年3月30日 (火)

掃除機器

3/29

掃除機器

ダスキンの広告が入った
かねてから関心があったので伝手を求めて説明に来てもらった
掃除に弱い私に ヘルパーを頼んではと勧められてはいたが 
その昔の苦い経験もあって踏み切れずに 何年もが過ぎた・・・。
ルンバにも 関心があるけれど 思わぬ事故があるのを聞き思い迷っていた 

この度の広告を見て体験してみようと 健気にも(笑)一念発起!
好感の持てるお嬢さんの(?)説明もあって機器を置いてもらった
帰り際、ピンク色の車の窓から笑顔がこぼれ私のやる気を奮い立たせるように
エンジンの音が遠ざかって行った、

明日から ”お掃除おばさん”のつもり、
ねーやのいない暮らしから何年たつだろう 
掃除に弱い自分を振り返りながら、恐る恐る手を出したが果たして続けられるかなぁ? 
終わりの時はすぐ間近 残された時間の短さ、せめて寝起きするところぐらいは綺麗にしたい、
どうせ、コロナ騒ぎで外出不可能なんだから 引きこもり掃除おばさんで行こう!と、 
遅ればせながら心にたすき掛け。さぁ、明日から忙しくなりそうだ!
一息入れながら清美をむしゃむしゃ・・・やっぱり~おいしい! 
おやおや、一念発起も忘れずにね(笑)

| | コメント (2)

2021年3月28日 (日)

煮ても焼いても食えぬ・・・

3/24
煮ても焼いても食えぬ?

あるところで だしの素というキャッチフレーズについ手を出して買ったもの、
かつおだしというのに 全然? それらしくないのだ
だしが出ない、いくらにても・・柔らかくならない、だしも出ない、
仕方なく佃煮みたいにしたらと トライ!
やっぱりだめ!硬いまま、変なもの、捨てるのも残念だし・・・
矢張り昔からの 鰹節が一番! ガックリ!
あげてみたらと閃いてとてんぷらのついでに かき揚げでテスト!
やっぱり~ダメだ あぁ、無駄使いしちゃったぁ・・・後の祭り!
これこそ、煮ても焼いても食えぬ というのはこういうことね

P・Sで 野菜を安売りするといわれて出掛けた、
キャベツが安い、あっ、レンコンもある、ほうれん草も、新玉葱も、新じゃがも 
胡瓜を買いそこなったのは残、一人五点まで、だって、なあ~んだ 

あまり得をしたとも思わないが、
夕方に☎あり、ついかOKと教えてくれたので、再度会場へ、
清美オレンジときゅうりを買い、内心ホクホク、
再度の買い物を教えてくれた彼女に感謝!

帰宅したら、愛媛の果樹園から ”きよみ”の案内が届いていた、
新聞の俳壇に ”雛様の加齢なき世を羨しとも”(ともしとも、と読むらしい)とあった、

けだし、名言と思う。P

| | コメント (2)

2021年3月24日 (水)

医者へ行ったり、

3/23
 医者へ
重い足をひきづるようにしてかかりつけ医へ、
いつもより空いているようだ 待つ間もなく診察室へ、
   めまいはどう? その後血圧は?熱は?
   立ち眩みするようなんですよ,めまいはしませんが 血圧が低いからでしょうか・・・うなづきながら・・  
   血圧の薬を 変えてみよう、変わったらすぐいらっしゃい、
よもやま話を笑顔で聞いてくれてご機嫌!
ゴールデンウイークには楽しみがあるような感じ、

調剤薬局で待つ間にATM、郵便局と、用事を済ませ
いつもの道をいつものように テクテク、計算間違っていないかなぁ?
体調いまいちのせいか 水を飲み飲み・・・あぁ、

トーストを頬張って、珈琲がおいしい、すきっ腹には何でもいい・・・
夕飯は しめ鯖 しめさばなんて 自分で作るのは大変、冷凍で売っているのを知り試食!以前 覚えたそれとは少し違うが(ましてや 京都の”花折”のそれとは全く違うが)
ともかくしめさば、しょうが、柚子胡椒でごまかし、 おいしい、おいしい
最近は生ものに遠さかっているので う~ん、これで我慢!だけど 
あぁ、刺身が食べた~い!

昨日から考えていた マスク作成、
巷には色々のものが出ているが、 レースの残りがあるのを思い出し 、
使い捨てマスクを再利用して、あれこれ工夫 どうにかできた、
鏡に映してみる 
ふ~ン^なかなかじゃないか 鏡に中のマスク美人、(* ̄▽ ̄)フフフッ♪
誰に見せようか?あの人かな、いや、あの人は笑うだろう、??
まっ、いいかぁ、自分がよけりゃぁ、と自画自賛

| | コメント (2)

2021年3月20日 (土)

草むしり


3/20

ラジオ体操が済んで ひと息!
起きるには早すぎると思ったが チラッと横切る庭の雑草
そうだぁ 草刈りをしよう と、心にたすき掛けで働くしたく。
かまを片手に さぁ!出発!
むしったのではだめ、根こそぎとるのは かまで根っこを掘るようにしなくては、
ね強く張った根っこをきるように よいしょ よいしよ
敵もさるもの、地上よりもはるかに大きく張っていて力ずくで 
こいつめっ こいつめっと力任せ、
やりつけない仕事は手筈が悪くて、失敗の繰り返し、 
でも たちまち袋はいっぱいに、詰めてみたら3っものゴミ袋は ぱんぱん!
熊手で掃きよせ 掃きよせ、あぁ しんど! 
どのくらいの時が経ったろう 曇り空は切れ目なく今にも降りそう、
山のような袋を見て まるで戦利品を見る思い、このくらいでやめよう、
昼からの予定があるから、

コーヒーでひと休み、時計の針は11時半を過ぎていた へ~ そんなに~
疲れたぁ、足が重い、あたりまえよ 働き過ぎだもの、自分で自分に言いきかせ
我ながらよくやったぁ!と、歩数計は4300歩を指していた それほど広い庭でもないのにくたぶれるはずだわ、よくやったぁとほめてやりたい今朝の私!

| | コメント (2)

驚き


3/16
驚き!
今年は好きな椿に驚くほどに花がついて大喜びの日々、庭にでるたびにほほが緩む!
今朝 八重椿の一枝をと・・・と!
  ビックリ! えっ、 どうしたの?
幾つもの赤い花のわきに ひっそりと、隠れるように白いつぼみが二つ
そうっと 葉っぱをよけてみる、間違いなくつぼみ!どうして、どうして!
種から植えた源平と名ずけられたそれには 期待にもかかわらず赤ばっかりなのに、
不思議、不思議! だけどうれしい、白が欲しかったんだもの、

咲いたけど
期待を胸に 朝の庭へ
爽やかな白を期待していたのに赤い筋が2,3本、混血なのだ ガッカリ😞 
でも 一生懸命に開いている花に敬意をひょうして お早う!
真っ白ではないが まっいいかぁ・・・
残されたつぼみは白いかもしれないと かすかな望みを・・・

| | コメント (2)

2021年3月11日 (木)

怖かったぁ!

10年前の今日、市民センターでの講習会に参加した
  グラグラっ グラグラっ! 
  机の下に入ってくださ~い 怖~い!
  非常階段を下りて外に出てください!
立て続けに、それは怒鳴りつけるような大声であった
とるものもとりあえず いわれるままに中庭に…
  建物から離れてください! みんな ウロウロするばかり。
少し経つと揺れが静かになった
隣にいた女性が 母を独りで置いてきたので 帰ります、と。
  今日はこれで終わりにします、指導者の指図で 講習は中止。
私は 急いで教室に戻り資料をKEEP、

外に出る、落ち着かない、ざわざわしている、
駅に電車が止まっているが動かない、仕方なく線路沿いを、足早に、   
  津波が来ますから高いところへ上ってください、とアナウンス、
  どうしてここへ津波が来るの、海岸でもないのに…
いつも長閑に散歩している道なのに・・・今日は全く違う 落ち着かない、
誰もいない道、繰り返される緊急なアナウンスに、
  まさか まさか   と否定しながら、家路を。
何分経っただろうか? ついた我が家は いつものように静まり返っていた
津波が来ないでよかった、来るはずないとは思ってはいたが、落ち着かない時間であった。
3月11日 、落ち着かない、 不安が押し寄せた時間であった。
10年も経つんだ、東日本大震災といわれるあの日、から・・・
その昔、3月10日の東京空襲で 大騒ぎした私たち年寄りは 二日続いての災害記念日、
火に追われたあの日、水に襲われた此度、どちらも呪わしい記念日だが、
忘れられないつらい日ではある、
生きているうちに復興した様子を見たいとねっがっている。
桜の噂も ちらほら どうぞ 普通の暮しが戻りますように・・

| | コメント (2)

2021年3月 7日 (日)

ひとりになったら

3/7
一人の楽しみ!

今日は曇り空、空は青空がいい、我慢していよう
 
 人は誰でも分かれ、 離れ、 一人になる
 そして誰にも 静かな時間がやってくる
 喧騒がきえ 孤独が友となる
 一人の時をじっと味わう。
 人生、 こんな楽しみもあったのだと、気づく。
 大切な人が消えていく
 悲しみが通り過ぎたら
 ひとりもいいものだと、思った。(I氏の本に)

こんな記事を 朝刊で見た。 同感!
だが同感するまでには 時間がかかる と思う。
私には あまりにも多かった悲しみ、辛さ、もう来ないでね、

| | コメント (2)

2021年3月 6日 (土)

イチゴを


いちごを

今朝の気分は普通に近い、やれやれ!
神様はまだ生きているように計らってくれたに違いない、
喜びにも似た気持ちがあふれるように!

曇りがちだが 夢クラブの面々が出そろってきたようだ、
2,3日前に買っておいたイチゴを届けた
せんだってのコンビニ弁当のお返しに。おばさま方のお口に合うかと不安に感じながら・・・
   お金使わなくていいんだよ、と会長がニコニコしながら・・・。
空模様は段々晴れてきて温度も上がってきたようだ、
   そうよねぇ、春だもの!
低かった血圧が年相応になって来たようでめまいが収まったのだろうか?。
今朝はめまいがなくてひと安心。体温も平常だし・・・
絹サヤを撒き忘れていたのを夕べ ベッドで思い出した(ひと汽車遅い)
地面を掘り起こして時期遅れでも芽が出るだろうか? 忘れていてごめんね!

| | コメント (2)

2021年3月 5日 (金)

ここにだって河津桜、

3/4
ここにだって河津桜。

何日ぶりかで やむを得ず 外出する
郵便局で用事を済ませ 近くでパンを買い、 保育園の前をいつもの通りテクテク、
河津桜が満開、だいぶ荒れてはいるが 桜は桜、
地主のおじさんが数年前に植えたそれは見事に咲いている、 

あのおじさんはどうしているだろう、花が育つように元気でいらっしゃるだろうか、
園児たちに見てもらいたいからといいながら 植えていらしたのが昨日のことのように、

ここは確かに春! 賑やかに はしゃぐ園児たちの声が・・・
急ごう、病み上がりだから 要注意でね!

| | コメント (2)

2021年3月 3日 (水)

宵節句の日

3/2
宵節句

めまい、宅配の初経験と忙しかった2月がすぎてもう3月!だが・・・
私にとっては忘れることのできない日、それは 
   三月二日、そうなの宵節句なの
小学校の授業中に用務員のおじさんが、大きな声で母の異常を教室へ知らせに来た
私は 先生に断ることもせず かばんも持たずに ただ夢中で 病院へ走った、
   かあさん 母さん! と 心の中で叫び続けて・・・
静かにベッドに横たわる母、声に出せない、悲しい 瞬間!
末の弟は ベッドの周りを走りながら、みんなどうして泣くの?と。
あふれる涙、昨日は機嫌よく話していたのに・・・
   帰りには隅田川沿いを歩いてね 
   そうすればここからまあちゃんが歩くのが見えるから・・
前日 そう言っていたのが 私が聞いた最後の言葉になった、
思えば 遠足に行く日黙って洋服を買ってくれたり、一晩で揃いの祭り浴衣を縫ってくれたり決して豊かではなかった我が家、どうやって工面したかわからないが、いつも
頼りになる母であった、辛いときも 嬉しいときも いつもいつも優しい母であった、
その夜、ひな祭りに備えて飾ったひな人形を すぐしまいなさい と父が。
逆らうこともできずに 一つ一つ手にしたひな人形の顔にぽたぽた落ちた涙、
それは 母との永遠の別れの涙であった。

何十年もたった今でも心に残る その時、悲しい一夜、
忘れられない宵節句のひととき!
 今夜は 母の好きな五目寿司を作ろう、勿論 仏壇にも・・

| | コメント (2)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »