« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月28日 (月)

病むことの辛さ

1/23

六会の脳トレ体操, Naさんの写真展のお招きにも 体調不安で参加できず残念、
正月以来の不安定な体調の悪さに脅かされて、在宅静養をせざるを得ない現状、
TaさんにTel、訪問看護を勧められたが、???
いまのところは 一人で医者へも行かれるからもう少し頑張ってみよう、
寝込むほどではないが 従来の自分の体調とはいささか違うようだ、
これが 年寄り病のしるしか?

1/25

Jcomのふれあい教室からのお誘いも急きょお断り、受講を手配してくれた
担当者の誠意に感謝しつつも先ずは命の保持、 残念、無念!
寝ているほどではないが 機敏にことが運べないもどかしさ、 健康って有り難い、
食欲もさっぱりで あるものを口に入れるだけ、悲しい、食いしん坊は何処へ、

1/26

晴れているようだが・・・雨戸を開ける、朝日が待っていたように指し込んで
    起きろ 起きろ!  と急きたてるようだ、ストレッチもせずに起きだして、深呼吸、
昨夜 2度3度と電話があったが 出てみるとぽつん 
Iwさんかもと返信したら 知らないと言う、 彼女は元気らしい、
私の低迷状態を気遣っている様子もない、思いやりが薄いのかなぁ・・・
人間は 他人の事には思い及ばないのがあたりまえだものねぇ
恨むまい 恨むまい、 人それぞれだから・・・
孤独死は避けたいと当たり前に近い生活をと努力は惜しまないが・・・

1/27

四季の詩の展覧会へ、

一か月近くも外出していないが 会長のNaさんにはお世話になりがち、
不安を抱えながらも拝見に出かけなければ~~と、

どの作品もお見事で 夢みる心地で拝見
懐かしいお名前の前では 足を留めてその笑顔とうなずきあう、
それぞれの個性が表れてただ見とれて、我が身の不甲斐なさを悲しむ、
日頃の勉強の縮図を目の当たりして その努力に乾杯!

拝見し終わったころにNaさんお出まし、笑顔の彼としばしの雑談、
ご挨拶もそこそこに帰路につく、
うらやましさ、懐かしさ、我が身の切なさを噛みしめながらの時間であった、

Img_4179_2

Img_4177   Img_4178
買い物を予定していたが、
一か月ぶりの外出にその元気はなくそうそうに帰途につく
今まで感じた事の無い疲労感、けだるさ、危うさにおののきながら家路を急ぐ、
たどりついたような思いで コーヒーの暖かさに一息、

何をする事も出来ずにただ ぼけ~んとへたりこむ、
年のせいか、病のせいか、今までにない疲労感に昼食を取る気さえ起きない
     そうよねぇ、病み上がりだものねぇ、労わりの言葉もない寂しさ、
当世流行りの 孤独死 なんて言うものをする時は こんな感じなのかもしれない、

おしゃべり 出ずっぱり、食べ歩きに明け暮れた日々が夢のよう、
     明日はうんとご馳走たべよう、きっとね、生き返らなくっちゃ~
もう少し 元気でいたいから・・・

| | コメント (3)

2019年1月22日 (火)

He施設へ

He施設への出稽古、

正月以来の病人暮らしで危ぶまれたが、待っていてくれる人がいると言う幸せに、
意を決して出発、思ったより暖かくてホッとする、
久しぶりの外出は心もとないが 転ぶな、よろけるな、と言い聞かせて坂道を行く、

揃って機嫌良く迎えてくれて・・・それがなにより嬉しい、

常連二人が欠席で拍子抜け、 挨拶も出来ない人が出てきて大丈夫かな~

初天神”と書くことにした、天神様にまつわる話で気持ちを和らげる、
一行に三文字書くのは大変らしく、四苦八苦、
どうにか清書にこぎつけて・・・次回の時間変更を告げ 笑顔に送られて帰途につく、

通りがかりで買ったトマトが楽しみ、新鮮野菜が欲しかった
Arさんがポケットに入れてくれた飴をほうばり 緑茶がおいしい、

夕飯は昨日頂いたしゅうまいですませ、作り置きの箸やすめでお茶を濁す、

テレビでは 遠藤が勝ち名乗りよかった~ がんばれ!
一人、また一人と怪我人が出て 今場所は 出入りが激しい、
白鳳の独り勝ちだろうか・・・

鼻水、咳、が治まればいいが 明日の予定が滞りそうで心配、
夕方になって少し熱が出たようだ、早寝しよう、

         

| | コメント (1)

2019年1月21日 (月)

鯛の刺身

1/21

小正月も過ぎて・・・雨の降らない日が続く、
正月早々からの 病人暮らし、ねーやがいない生活なので四苦八苦、
おせちに助けられての日々もそろそろ底をついたか、野菜も魚も品切れ、僅かに残った
肉だけが我が家のストック、あれほどあった野菜をどうやって食べたのだろうか、
医者だけが頼りの正月であった、 

昼下がり、Omさんがタクシーで、
中華のおこわ、シュウマイ、肉は勿論、鯛の刺身まで、
話す間もなくまたした車でとんぼ返りの慌ただしさ、ご主人がご病気中なのに
わざわざ届けてくださって 三拝九拝、人の情けが身に沁みた一瞬、

生ものが食べたかった私には 鯛の刺身は思いがけないご馳走、
彼女の心遣いにただただ、感謝するばかり、

しかもご主人がご病気で、加えてご自分は鎌倉までの医者通い、
申し訳ないやら 嬉しいやらで 涙 涙の夕飯、
舌にのせた鯛の刺身は冷たくて抜群の美味しさだった、生涯忘れることはないだろう
           Om  さん 有難う、ご馳走さま、
          冷たくて美味しかった~貴女の熱いお心遣いも・・・

Img_4173  Img_4176








| | コメント (1)

2019年1月16日 (水)

もうすぐ小正月、

1/14

Iwさんから 久しぶりの電話嬉しい! 嬉しい!
彼女の元気を貰えそうだ、出かける予定を中止してしばらくおしゃべり、
彼女は世慣れているようで そうでないようで、人はみかけによらないと言うのが
世の習い、良し悪し関係なく思い違いが無いようにね、

一月も半ばというのに 誰も来ない、雨戸が閉まっていても知らんぷりか、
孤独死がちらほら・・・家族っていいなぁ・・・


鼻シクシク、 胸ドキドキ、頭ズキズキ、悪いところだらけの正月、
区切りをつけて生き返らなくては・・・
近ずく小正月、だって”女正月” とも言うじゃないか、頑張ろう!
空は晴ればれ、わが心は半曇りだが、
人情希薄の世の中、嘆くまい、おこるまい、先刻 承知じゃあないか・・・

1/15

暮から 体調の悪さや 不測の事態に押されて 先送りした用事の多さ、
新年になったのを弾みに一つ一つ整理しなくてはと一念発起、

最近のニュースで火事の多い事、そして必ずと言っていいほど犠牲者が居る事実、

ことはじめに 火災保険の証書のKeep(暮に手元に届いている
貴重品はすべて貸金庫へいれてあるのでその実行を思い立ちスタート、ところが
出がけにPCのトラブル、JCOMの助けを借りたが復旧に手間取り 正午になってしまった

出鼻をくじかれた感じだが ここでやめては元の黙阿弥と重い足を引きずるように・・・
行員の笑顔に救われ手続きをすませ、書き換えを確かめ、ホット一息
シニアサービスで買物をすませ  ひと仕事すんだ~、(
当たり前のことなのに・・・)
宅配を頼み 生ものを手に帰途に就いた 
   あらら、雨、雨女だからかなぁ・・・正月早々・・・
駅へ戻るのも億劫でトボトボ・・・たいした降りでもなく、
   埃が経たなくていいかぁ・・・な~んて・・・
体調は戻っていないのが まざまざと感ぜられる道道、何度も水分を口にしながら・・・
欲と二人連れの道中、たどりついた我が家は 楽園(?)そのもの、どっかり腰をおろして
   あぁ しんど!   よれよれになったメモと現品を照合、
宅配に回した品と控えをあわせ、OK!(
まちがっていなくてよかったぁ
当たり前の事ができた安堵感、まずまず一安心、
夕飯は イワシのつみれ、ゴボウも買ったしネギもあるし、のどがなる~ できるかな?

| | コメント (1)

2019年1月12日 (土)

かかりつけ医へ初出勤?

ヤット晴れ間の今朝、何日も汗ばんだ寝巻が何枚も、体はしんどいが洗濯、
機械がやるとは言えそこまでは人手、どうにか段取りを付けて これでよし!

I医院へ報告がてら受診を、
休み明けのことで満員、体調の異変をさっしてか、  
早めに受診させて頂けたのはまことにうれしい、感謝、感謝、

1/4日のS病院での受診結果を報告、
前回から変更になった漢方薬の効果について疑問を訴えると

回数を減らして服用する様にとのご指示、 
薬の効き目の早さに驚いたり 納得したり、
急に駆けつけた症状にも対応して頂き 必要な投薬もして下さって 先ずは一安心、

看護師 受け付け嬢に笑顔で礼を言い 調剤薬局へ
勿論ここも満席、手際良く処理してくれて思ったより早めに
   お大事にね、 とお決まりの挨拶、殊更に優しいように受取れて帰途につく、
陽ざしがあるので昨日ほど寒くないが、冬は冬、足早に、病人だもの、

昼ごろ鏡開きのお汁粉を食べるが うまくない、あれほど好きな甘味なのに・・・
体調によるとしか思えない違和感、半分食べて・・・
熱があるに違いない ミカンが食べた~い、無いの

ポストに和歌山からのミカンの案内、解ったのかなぁ~早速オーダーしよう、

| | コメント (1)

2019年1月 9日 (水)

初稽古

1/8

H 施設での 初稽古、正月のことで欠席が少し、
暮にかいた ”一陽来復”が顔をそろえる様に張り出されて、書き初め展の風景、

歳を重ねるに従い外部との付き合いが減り、世情に疎くなると聞くから
せめて 季節を感じてもらいたいと思っている
そして 少しでもお役にたてばと訪れる季節に応じた語句を選んでいるが、
解ってくれるだろうか?

聞くところによると字を書くことは脳の活性化にもいいそうだし、
一石二鳥とでも言うか、いい結果がでることを期待して今年のスタート、

ささやかな笑いを交えて 初稽古が進む
近付く”鏡開き”をかくことに、
大分慣れてきたようでスムースに書ける様に見えるのが嬉しい、
名前も上手になってきた、続けてほしいものだ
派手ではないが 地道に練習してくれるのが嬉しい、

清書にこぎつけホット一息、楽しい鏡開きであることを願って帰途につく、

陽はさしているが風が寒い、足早に坂を下る、人影もない坂道、

~~
ポストにHさんからのはがき、ささやかな事をしただけなのに
ご丁寧にも Geさんの最期を細かく書いてくれて涙にくれた
送る筈だった年賀状のプリントが涙を誘う、200枚も書いたそうだが・・・

穏やかな最後であったらしい、あの人らしい人生の幕引き、
もう逢えない、悲しいと言う言葉だけでは済まされない心の歪み、
どうしたらいいだろう、

| | コメント (1)

2019年1月 7日 (月)

手かがみ

あっという間の一週間、

暮からの持ち越しですっきりしないが 時は容赦なく過ぎてもう7日、
七草粥で朝をすませ、ホッと一息、

思い立って大分前に頂いた手鏡を取り出した、

正月に新しいものを使い始めるなんて良いじゃぁないか・・・
下さった彼女は何年も前に遠い所へ旅立ってしまった、
その思い出と共に大事にしてはいたが そろそろと・・・取だしてみた

踊りの名手だった彼女らしく可愛いデザインで思わずホロリ!
千鳥ヶ淵の桜の便りも絶えて久しい、
両国辺りでの思い出も数しれず、大店のお嬢さんらしくいつもおっとりしていらしたっけ、
手鏡から連想する彼女の笑顔、立ち居振る舞いはいつもお嬢さま、
     今日から使わせてむらうわね、そう、そう、良子さんと言ったっけ、
今年は千鳥ヶ淵へ行こうかなぁ、会えるかもねぇ・・・
     鏡よ。鏡、逢わせておくれ、  聞いてくれるかな? 

Img_4166  Img_4168






| | コメント (1)

2019年1月 4日 (金)

かかりぞめ?

”掛かり初め” と言う言葉があるだろうか
今朝目覚めに胸が苦しい、深呼吸しても水を飲んでもおさまらない、
    アレレ? おかしいぞ~   不安が募る、このまま死んだらどうしよう・・・
ベッドの中でむずむず、
       治まれおさまれ、 駄目  よし医者へ行こう、
I先生から ためらうことなく医者へ行くようにと指示されていたので出かける支度、
兎も角朝食、 
久しぶりのパンの朝食、ベーコンもトマトもスクランブルも格別美味しい!
ミルクコーヒーが喉を通る、あまくてあつくて美味しい、!
食欲は変わらないようだ

世間はまだ正月なのだろうか、人影もなくバスもガラガラ、
ついた病院も空いていて ラッキー!
飛び込みだったので初めての医師、優しげに聞いてくださって 
    心電図撮りましょう、写真もね、
待つ間もなくすぐに段取りしてくれた、
結果は不具合は見当たらず変わりないから
    心配しなくていいですよ、今度同じような事があったら
    脈拍をとっておく様に  と指示された
     なあんだ・・・なんでもないのかぁ

物足りない様な ホットした様な半信半疑
受け付け嬢の笑顔に送られて帰途に、M銀行へ寄って用事をすませ一つ片付いたぁ!

初めての医者はあごひげの濃い目の涼やかな好青年であった、
月一ぐらいは患者になってもいいなぁ  なんて不謹慎な、
丁度来たバスはやはりガラガラ、ひとかげのない坂道をテクテク、

I先生への報告は明日にしよう、少し疲れたようだから・・・

夕方になった
やっと落ち着いて PCにタッチ!
     あらっ! 壮ちゃんから・・・ メール  もう ビックリ 
     何年ぶり、よく思い出してくれたわねぇ
亡き倅の大親友からであった、すぐ目の前に彼がいるような錯覚に襲われてドキドキ、

直ちに返信、 横浜から軽井沢へ移ってkら何年たつだろう、倅が亡くなってから
何回も慰めてくれたり、ご馳走してくれたり 忘れられない壮ちゃん、元気なのねぇ、
数年前、新幹線に乗りあわせた偶然、 
亡き息子がそうしたに違いないと思っている、
我が子は愚息だが
壮ちゃんはお利口でスマートで 男気があって惚れ惚れするようなおいい男、
御通夜の日に来てくれた彼を見て 手伝っていた女性があまりに良く似た雰囲気に
腰をぬかしたのを思い出して 思わずウルウル!
50年近くにもなろうと言うのによくぞ思い出してくれたわねぇ 壮ちゃん、ありがとう、
今夜はよく寝られそう、 おやすみなさい、

 

 

| | コメント (2)

2019年1月 1日 (火)

”正ボッチ”だって

Img_4159
おめでとうございます

正月を喜ぶ歳でもないが 新しいっていいものだ、
さぁ、今日から心機一転 やろうではないか・・
辛かった事も 悲しかった事もみんな去ってしまった事、
そうだ、一陽来復じゃないか、明るくたのしく行きましょうね

腕によりをかけて(?)作ったおせちを盛り合わせ、
ホットウイスキーで 先ずは 
   おめでとう!今年はいい年でありますように・・・
懐かしい人からの年賀状にウルウル! 爽やかな年の明け、
椿がちらほら 冬の庭に僅かな彩りが・・

Img_4162  Img_4163  Img_4165

Img_4152  Img_4153  Img_4154

Img_4155  Img_4156
























| | コメント (3)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »