« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月30日 (木)

うれしい!

    リーン、リーン、
    ハイハイ

思いがけずSeさんから、
お言葉に従って家の前へ出てみると見慣れた車にあの懐かしい笑顔が
    まぁ、ご無沙汰していて・・・とぺこぺこする私、
    これ ひとつね、とおっしゃりながら
桃!桃!、大きいの、大好物、だけど未だ食べていない、
籠りがちの昨今、未だ買っていないから・・・
     ウワ~ッ!嬉しい!初物!
気にかけながらご無沙汰しているのに お心にかけて下さり
しかも 鎌倉からわざわざお届けくださるなんて
やわらかい桃をそっとそっと・・・ワクワク!ウキウキ!

笑顔の彼はこれからNaさんへ行くんですよ・・・と エンジンの音を響かせて・・・
彼の去った後にははかり知れない爽やかさが残っていた

陽ざしはまだまだ・・・今日も暑さ更新!

Dsc_1926

~紛失??~~~~~~

数日前 町内の掃除があった、やむなく参加、一時間余りですませ、
参加の印のお土産を貰い帰宅
お隣は病人を抱えているからと中途で帰宅、Wrさんはお勤めで早々に帰られたからと、
3軒分のお土産を預かって帰途につく、
それぞれへ届けて しばし・・・気がつくと、
    あれっ?どこへやったかなぁ? 
自分の分が無い ないのだ??落としっちゃったかもしれない、 なんてガックリ、
聞くのもためらわれて シュン!

そんな事があってから数日・・・今朝、 
    あったぁ!見つかったぁ!  変な所にあったんだもの・・・
なくなった筈のお土産、あったんです、
急に気分爽快の私 庭に出てあちこち見まわし 草むしりを セッセ!と、
収集車が来るまでにと 大はりきり
汗が噴き出る、腕も痛む、でも
    
見つかったんだもの、よかったぁ すっきり!気分爽快

| | コメント (2)

2015年7月26日 (日)

さるすべり

Dsc_1925さるすべりが満開
遠い昔、そうなの、あの時、
Em子さんが買ってくれた
小さな小さなさるすべり、
手に載るくらいだったのに今では 私の背丈をはるかに超えて・・・
枝先にビッシリ着いた細かい花は今日もゆ~らゆら・・・
その姿を見せている、
ピンクが可愛いその花は 私にとって忘れられない想いで・・・
それも悲しい、

またの名を百日紅とも言われるそれはあと何日咲き続けて
くれるだろう、
悲しい様な、嬉しい様な、大事な大事な花、

Dsc_1918  Dsc_1919


~~~~~

梅干し完成!
6月15日にスタートした梅との闘い、

腰の痛みに耐えかねた時も、季節に追われるように漬けたっけ、
塩具合に頭を絞り、カビを懸念、梅雨明けから3日間笊にひろげた時のワクワク感、
文字通りシワクチャに干されたそれは 3日を経た今日保存容器に治まって、何食わぬ顔してる、(
どう見ても美人じゃぁない

手間との闘いに明け暮れた日々、
思えば 他愛ない事なんだけれど、
この歳になって覚えた梅漬けの技術(?)
初めて料理作りに向かった時の様に、新鮮で楽しいものでもあった、

多分一年ぐらいは間に合いそう、(
梅販売業者からくるDMは断ろうかしら
味は? 塩加減は? 乞うご期待!

Dsc_1917テレビでは 白鳳の35回目の優勝を告げていた、
遠藤よ 早く強くなって~・・・

今日は今年一番の暑さだって・・・
九州の方は台風で大変らしい、これ以上荒れないで・・・




| | コメント (2)

2015年7月20日 (月)

梅雨明け

Dsc_1904Dsc_1907ヤット梅雨明け、さぁ 大変、大変!
梅干し、梅干し!!
あの時、病をおして漬けた梅、
どうなっているだろう?かびていないだろうか、
不安が押し寄せる、
逸る心をおさえて 笊を用意、Dsc_1908
6キロだから…いくつあったらいいだろう
大小取り混ぜて 吊り紐もチェック、 
これで よし よし、
恐る恐る甕の蓋を開ける、
   プ~ン・・・梅の匂い!Dsc_1909
             甘酸っぱい、いい香り!
黴もないし、柔らかそう、

少し崩れたのもあるけど 兎も角梅干し!
   やった~っ!
梅雨明けの陽ざしに向けて笊イッパイの梅・・
結構重い 
   そうよ~6キロだもの・・・な~んて・・・
眩しい陽ざし、今日ばかりは お陽さま、様、
よく乾いてね、 風も通るし、いい日和!

Dsc_1905_2 Dsc_1911 Dsc_1913

箱畑にはトマトが赤く、ナスも色なして、
アレレ、巨峰のつるが伸びて 伸びて・・・
実のなるのは??いつのことだろうか?
梅の袋に漬けた日ずけが 
2015・6・15 とあった、そうだったのかぁ・・・

陽はまだ陰らない お陽さま、さま

思い起こせば
あの頃 ”梅雨明け十日”と聞けば待ってましたとばかりにゴルフざんまい、今はただ、梅干しと格闘の”梅干しおばさん” 
トッ  
ホ ホ ホッ!

| | コメント (2)

2015年7月19日 (日)

折れたのに

Dsc_1900  あらっ!
  可哀そうに折れっちゃったぁ・・・

今夜にも咲きそうな蕾を 折ってしまった、
膨らんでいたのに・・・
  ゴメンゴメン! 
眺めても 触ってももう戻らない・・・
棄てるにしのばず 一輪ざしに挿して
  ご機嫌直してね、出来たら咲いてみて・・・

夜になった~
夕食のテーブル、ほのかな香りが
  あらっ 開いてきた~ よかったぁ~
  咲いたのね、アリガト! 

私だけの夕食の膳 美人の香りが立ち込めて・・・
今夜は二人の夕食、乾杯  

| | コメント (0)

2015年7月17日 (金)

感激

台風の余波か 雨  が降ったりやんだり、傘を傾けながらかかりつけ医へ医院の前、あれ、車  が一台もない、如何したんだろう?珍しいなぁ、
受け付け嬢は
    空いているんですよ、
      へ~ 珍しいわねぇ・・・
    先生がねぇ 心配していらしたのよ
、 と看護師の言葉
      あら そうですかぁ、有難うございます カラ元気ですが
ニコニコ顔に迎えられて待つ間もなく
    元気そうだね、よかった、この間元気なかったから心配してい   たんだよ
      有難うございます、カラ元気ですけど・・どうにか・・

陰ながらご心配くださったなんて 思いがけない言葉に胸キュン!
多勢の患者がいるのに お心にかけて下さったなんて・・・身に余る光栄…なんて月並みな言葉しか浮かばないが
家族のいない私は 身近で心配してくれる人がいると思っただけで 感謝、感激、
ご商売柄とは言え お心にかけてくださるなんて・・・
独りよがりかも・・・
もう 有頂天の私  いつになく看護師の笑顔も明るくて・・・
定期的に伺ってはいるが 前回 体調悪かったからどうしているだろう なんてお心にとめて下さったという 喜び、  
    あぁ、よかったぁ、こちらにお世話になって・・・  
嬉しさに思いがつきない、
先生は 夏バージョンの薬にチェンジなさって 
    これで様子見ようね、 
    有難うございます昨日蓮池へ行ったんです初め            て・
・・、
    えっ、よく行ったねぇ どうやって?
    連れて行って頂いたんですよ、本鵠沼から・・・
    写真撮りたくて・・・
    元気ならいいけど 気をつけるんだよ・・・
とニコニコ顔、
Ba先生から頂いた胃カメ、肝臓のエコー、の写しをお渡ししてあちらからの伝言も申し上げる、
    大事にしなさいよ    優しい言葉を背に医院を辞する、優しいお心遣いを噛みしめながら・・・

外は嵐まがいの雨が・・・急いで急いで・・・ 

~~~~~

一大事!電話  が着信不能、
   リ~ン、リ~ン
   ハイハイ、 ピ~ ピ~ だけ 応答なし??? 
そんなことが3,4回も続いて・・・ これはただごとではない、
J・COMへ連絡、15時過ぎ技術者来てくれて
あれこれ調べて修理完了。

無事に直ってよかったぁ・・・
電話がかからない日もあるけど、通じないという現実にはドギマギ!
機械音痴の私はたまらなく不安で心細かった、
手際良く整えてくれた技術者に最敬礼、
冷たいコーヒーをひと息に飲みほして彼は 車に、
   有難う、ご苦労さま、   感激、
電話がかかる様になって・・・よかったぁ・・・ 

Dsc_1878_2  Dsc_1888

お向かいの家に蓮の鉢植え、はじめて気がついたわぁ   
たった一輪だけど 蓮は蓮 折れんばかりに風が・・・
ひらき具合は二日目ぐらいだろうか、
揺れる 揺れる、お大事に・・・
 

| | コメント (2)

2015年7月14日 (火)

初めての蓮池

Dsc_1788日ごとに更新される暑さの中 ご好意を得て鵠沼の蓮池へ、
こんな街なかにと驚くほどに続く家並み、
   へ~っ、こんなところに・・・
すでにカメラを肩に数人の人が池を囲む 
オバサマ族のおしゃべりも賑やか、
Dsc_1785  Dsc_1781
葉が白い裏を見せて揺れている、花も揺れる、池にもさざ波が、
台風の影響だろうか 驚くほどの風、風、
   風がひどいですねぇ 台風のせいかしら?
   あそこに綺麗なのが、咲き始めがいいですねぇ
すでに盛りを過ぎた花もあるが ちらほら見える開き始めが綺麗、
蕾が数え切れないほどすっくと立ち上がって・・・近付く盛りを思わせる
それでなくても大きい蓮の葉、大きくゆったり揺れて・・・
Dsc_1810 Dsc_1814 Dsc_1835
 
あっ、鴨の親子、可愛い!
   あらっ、亀が葉っぱの上でお昼寝、
長閑に時が流れる、
   あっ トンボ、トンボ、  蕾に止まってキョロキョロ!
何を見ているんだろう・・・私の事見えるかしら・・・
ぐるりっと池を回ってみる 
狭いけれど木立の中 吹く風が肌に嬉しい、
反対側から見る池はまた違った景色、
Dsc_1843  Dsc_1865

Dsc_1868  Dsc_1854
こんな街の中にこれほどの池があるなんて想像もつかなかった私は
ただ 驚くばかり、、
静かに過ぎていく時間、どれほどの時が経ったのだろうか
お誘いいただいたご好意を噛みしめる
    そろそろ行きましょうかぁ

車中に治まってホット一息、いいものが撮れただろうか、
期待と不安が入り混じって・・・
    でも撮り直しには来られないなぁ、私、方向音痴だもの、

駅近くはいつも通りの賑わい、小腰をかがめて
    有難うございました、じゃぁ又ね
名残り惜しい別れ、近いうちにまた・・・
暑さはよどみなく・・汗が滲む、早く帰ろう、つぎがひかえてる~  
 

| | コメント (4)

2015年7月11日 (土)

まるで夏!

久しぶりの晴天、(ニュースによると5月以来とか
元気ではないが やむを得ず主婦業をこなし、
日課の整形医へ、
暑さがひと際、夏のない国へ 行きた~い!
午後は 一休み、(
楽チ~ンでーす

キュウリが化け物みたいに大きくなって、どうしよう、
なすは丁度 もぎり時かな、いい姿、
トマトがなかなか赤くならないのはなぜだろう?
鬼百合が首を垂れて 鬼でも可愛いの!
ささ百合と言うそうだ、ピンクが優しい、
葉が笹に似ているからですって

江の島の噂も 波が高くてサーファーが大喜び、
明日は神輿渡御があるそうだが、
体調が良ければ・・・?行きたいけど・・・

Dsc_1775  Dsc_1773

Dsc_1771  Dsc_1764











| | コメント (2)

2015年7月 8日 (水)

一番花!

Dsc_1731雨戸を閉めようと庭の暗闇へ目をやる、
   あれ、なンだろう?   白いものがぼ~っと・・・
   あっ、 月下美人!大変、いれなくっちゃ~・・
2,3日前から膨らみかけていた蕾、
   咲いたのね、ゴメンゴメン!
鉢を抱えてとりいれる、幸い小さい鉢でよかった~
Dsc_1704  Dsc_1708
盛りには及ばず花は小さめ、だけど美人は美人、
   一番乗りよ!
テーブルにどっこいしょ!花が揺れて・・・倒れそう、
あっち向けたり、こっちがいいかな?姿の良さを探して・・・パチリ!
   8時だもの 段々開いてきたわねぇ、もうしばらく話ましょ、
Dsc_1715  Dsc_1717
Dsc_1719  Dsc_1723
テレビでは欽ちゃんの大学合格、74歳だって・・・へ~、そんなこと・・・
その取り組み方にビックリ、脳科学者たちもビックリ、みんなびっくり!
チラチラ テレビを覗き、聞き耳を立てて、
目は月下美人、だって綺麗なんだもの・・・可愛いんだもの、
美人だもの・・・
Dsc_1730  Dsc_1722
 (うしろ姿)                  (蕾) 
時計は10時を指していた、美人はすっかり開いて、
   どう? 綺麗かしら?  な~んて・・・、
香りが漂う部屋、今夜は夜ふかしになりそう、
Dsc_1702  Dsc_1711






| | コメント (2)

2015年7月 7日 (火)

墓参、

また、また、と思うだろうが私にとっては忘れられない7月8日
明日は雨が降るらしいと聞いたので、思い切って一日早く、
鎌倉駅前は休日でもないのに人 人 人の波、
ヤット乗れたバス、霊園への道も渋滞で・・・

普通の日なので園内循環のバスがない、
仕方なく一歩一歩石段を登る、あの子に会いたいばかりに・・・
人影もない墓地は耐えられないほどに静か、
甲高い鳥の鳴き声、
   あら、鶯かしら?今頃?  目を凝らすが姿は見えない、 
黒々と立つ 立木が見えるだけ、トボトボ・・・

持参した庭の花をさして
   今日はねぇ、こんな花が咲いてたのよ、
   百合が咲き始めて綺麗なの
   百日紅も咲きだしたわ、
   これはね、ホラE子さんが買ってくれた あれよ
   そうそう、こっちはねぇ Mo先生から昨日いただいたチョコよ、
   チョコでくるんだ柿の種、なんて貴方知らないわねぇ、
   あの頃はなかったものね

返事の有る筈もない墓にむかってブツブツ、

どんより曇った空、いつもは遠くに見える鎌倉の街も、
煙って見えない、
もと来た道、 立ち去り難い思いで振り返る・・・線香の煙が上へ上へ真っすぐ・・・

170段の石段を、一つ一つ下る
    お母さん、転ばないで
と言われているみたいな気がする、
    大丈夫 大丈夫よ 気をつけるから・・・
あの日、友人が 
    ママ、こんなに美しくって、こんなに悲しいお葬式って   
    見たことないわ

と涙を誘われたのが 今も忘れられない言葉、

バスは街中に着いた八幡様の鳥居に七夕飾りが ヒラヒラ、
    そうよねぇ今夜は七夕、
人ごみを避けてバス停へ、早く帰りたい、一休みしたい、
今夜はあの子とゆっくりしよう・・・眠らないでもいいから・・・

Dsc_1742  Dsc_1745





~~~~~,

| | コメント (2)

2015年7月 6日 (月)

雨の朝

Dsc_1694新聞を取り出そうと ドアーを開けたら
   
いやね~   蜘蛛のすが・・・
   アレレ、雨にぬれて、
   キラキラ光ってる 
   揺れてる、 
   まんざらでもないか 
   撮ってみようかDsc_1698
   カメラ カメラ!
   
鬼百合のつぼみも微笑んで・・・

~~~~~
Jyuちやんから
沢山の野菜が届いた、
Img_2216_2


お勤めがあるのによくなさってといつも脱帽、
たった一人の甥が送ってくれた野菜たち、
泥さえも可愛い、 大事に大事に頂こう、

それにしても ジャガイモの見事なこと、
大好きな白瓜も嬉しい!
大葉が綺麗で・・・家のはすぐに虫がつくけど??
手入れが行き届いているに違いない、
ご苦労が偲ばれる、

夕飯はなすのしぎやきにしようかなぁ・・・
お昼のおそばには 長ネギが ちょうど間に合った、
ご馳走さま!! 

| | コメント (2)

2015年7月 4日 (土)

梅雨の日々

Dsc_1686予報通りの雨、 先送りしていた繕いものをすませてヤレヤレ、
遅く起きだしたせいか、またたく間にお昼過ぎ、

午後テレビに 心の時代が放映されていた、

空海と言う言葉に釘ずけ、
なぜなら私は空海の漢字に少なからぬ興味を持っているから
悩みの果ての修行であったらしいがその人生の一つ一つに吸い寄せられて、忽ち一時間が過ぎてしまった、
若いころ、その字の魅力に圧倒されてむさぼり書きまくったのが
懐かしい、
  あぁ、終ったぁ・・と思っていたら 
次いで京都の綺麗な景色の映像に目を奪われた、

嵯峨野にある”直指庵”と言う浄土宗の寺の話、
聞き覚えのある語り口、小泉今日子らしい、

そこに置かれた”想い出草ノート”の話、
憂いあり 喜びあり、怒りも悔やみも、交々の想いの記された
それは5000冊にも及ぶと言う 
中には認知症の母親を抱えた人の心の葛藤までも、
見もしらぬ人の話なのに その一言一言が気になって思わず聞き入ってしまった、
恋人同士あり、一人訴える女、はたまた男性さえもありで
男にもなやみがあるの?)
若き人、人生を永いこと歩み続けてきた人、
おかっぱ頭の初々しい女の子、
みんな、悩みを抱えているのが 当たり前のように・・・
嬉しい話しは少ない様だ、

ふと我に返った 数え切れないほど京都へ行っていた私なのに、
その寺の事は知らなかった、
なじみのドライバーの守備範囲でなかったのだろうか 
今更のように残念、この上ない、
その庭は四季それぞれに綺麗らしいが秋冬が素晴らしいと言う・・・  
あぁ、行きたい、徒らに遊び過ごしてしまったあの頃が悔やまれる、
映像で見る その寺のたたずまいに酔って ただただ過ぎ去ったその時が惜しまれてならない
Dsc_1688  Dsc_1690
降りやまぬ雨、静かに時がながれて・・・心には満足感と悔いが入り混じっていた
庭には百合が咲き誇って、小鬼百合の咲くのが待たれる、
胃カメの通知はまだ来ない・・・のは 心配ないからだろうか??
そう願いたいものだ、
Dsc_1692
(一デジで撮りなおしました、画の上でクリックすると大きくなります)


| | コメント (2)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »