« 雪、ゆき,ユキ! | トップページ | 如月 朝一番! »

2015年1月31日 (土)

♪神田川♪

あなたはもう忘れたかしら…♪
懐かしいメロディーに ハッと思ってテレビを見た
南こうせつ、そうそう彼だわ、
あのうたのできた時の事、へ~そうだったの・・・・初めて聞くエビソート、

私は ”あの頃”の事思い出すのも悲しい、
そうだった ”あの頃”だった
息子が亡くなって間もないある日のこと 一緒に話していた彼女(E子さん)が
何気なく口ずさんだ歌、それが神田川、(いかにも寂しげだった)
音楽にのめり込んでいた彼(亡き息子)と二人で 歌い続けていたのであろうか、
私はあの歌を聞くたびに 彼女の笑顔と息子とのことを思い出すのだ

あの頃”そうなの、何故だか解らないけど ”あの頃” と言う言葉を聞いただけで
すっと頭をよぎるのが ”神田川”のメロディーなのだ 不思議なことに・・・
今更、いいえ、いつまでも・・・とお笑いくださるな・・・
母親なんて  そんなもの、
結婚もしないらしい(
多分)彼女を思うとき、その後どうしているだろうか 
聞けないでいる私
 怖いのよ 知ることが 歌の中では幸せが怖い、 と言っているけど
彼女の現況を聞くのが怖い私、幸せを願っている筈なのに 心が痛むのだ、
湯ざめした肩を抱いてもやれなくなってしまった息子、
辛かっただろう、彼女も悲しかっただろう、私だって~~、
訳もなく涙がこぼれて 寒い冬の夜が更けて行く、

昨夜からの雪、雪の三渓園はさぞや・・・と思いおよんで、
E子さんの実家があって あの子にも我が家同然であった筈
留まる事のない ”あの頃の幸せ”が走馬灯のように駆け巡る

雪はやんだらしいが 底冷えする寒い冬の夜。
”あの頃”を思い出して・・・ひと際 寒さが増す

~~~~~

ゴメイサン!

忽ち税務申告の時が来てしまった
毎年のことながらプレッシャーを感じてしまうシーズン、
思い立って計算機片手に いざ!

一度で会う筈もなく日頃のアバウトを反省、
それでも夕方には目鼻がついて・・・よかった~
簡単なミスを見つけて解決、
これでよし、これでよし、後はお清書するばかり

ホッとして ”ホットコーヒー”!
初日に申告しちゃおうかな・・・芸能人みたいに写真撮られちゃうかな、
な~んて・・・独りよがりの苦笑い、
こんな時のコーヒーは格別であった

|

« 雪、ゆき,ユキ! | トップページ | 如月 朝一番! »

コメント

「神田川」
昭和48年だったかな、純粋に生きる若い男女が都会の片隅で身を寄せ合って生きる。そんなシーンを切り取った唄でした。
唄の想いではひとそれぞれにあるものです。忘れられない唄であることは、それ自体悲しい思い出であっても決して悪いことではありません。私にも涙がつきものの「神田川」です。
そろそろ三渓園も梅の季節ですね。

投稿: 神田川 | 2015年2月 6日 (金) 17時19分

神田川さま
コメント嬉しく拝見、どなたかしら??と思いめぐらしています、よそ様からご覧になったら何をメソメソ、とお思いでしょうねぇ、お察しくださって嬉しい、
近いうちに三渓園へ行くつもり、
有難うございました

投稿: さえ | 2015年2月 7日 (土) 19時09分

神田川 大好きな歌です。
流行っていた時代より少し後に聞いた曲ですが、せつなく染みる恋の歌ですね。
そんな思い出があったのですね。

投稿: まゆクー | 2015年2月12日 (木) 02時03分

まゆさま
あの歌が流行った頃、倅が逝きました、残された母と彼女は肩を寄せ合って聞いたメロデーです

投稿: さえ | 2015年2月12日 (木) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪、ゆき,ユキ! | トップページ | 如月 朝一番! »