« 枝豆 | トップページ | お裁縫? »

2013年6月27日 (木)

スイカ!

   おはよう! 
聞きなれた声に立ち上がるとニコニコ顔のNaさん、
   これ・・・少しだけど・・・
   えっ、あらっ、すいか~、初めてなの、嬉しい!
 頂くばかりでと恐縮する私、
弾けるばかりの彼の笑顔につられて私までワクワク!
   これから伺おうと思っていたところなのよ
   昨日もあんなに頂いたのに、また~

重ね重ねのご好意にピョコピョコ頭を下げて感謝するばかり、
持参するつもりの僅かばかりの手作り惣菜を差し出すと
   貰いに来たみたいだなぁ・・・と笑顔がはじける、
暫らくぶりの逢う瀬に(?)話が弾んで 何を話したか意味不明で、
話しきれない時間が過ぎていった
バイクの音を立てて帰ッて行く彼の背中に
   ご馳走さま!奥様によろしく! 彼は片手を振って


早速仏壇にちょっとだけ見せて、チ~ン チ~ン!

スイカには消える事のない思い出がふつふつと湧いて、遠い昔が蘇る
それは 母が臨終の時、それは粉雪混じりの3月2日、
いまわの際に
   スイカが食べたい・・・消えるような呟き
、(
母は腎臓病であった
伝手を求めて東京中の果物屋に問合せ 神田須田町の”万惣”で
見つけたそれは片手に載るほどの小さいものであった、
勿論食べる力もなくなっていた母は ストローでひと口吸うのがやっとであったが
居合せたものにとっては 
   あぁ、喉に通った・・・    と せめてもの慰めが・・・

忘れる事のない”宵節句”の日であった、


Img_0940

|

« 枝豆 | トップページ | お裁縫? »

コメント

そんな想い出が・・・

間に合ってよかったですね。

投稿: まゆクー | 2013年6月28日 (金) 04時15分

まゆさま
昨日の枝豆は父の、今日のスイカは母の思い出につながって うれしい贈り物でした、

投稿: さえ | 2013年6月28日 (金) 08時11分

この記事へのコメントは終了しました。

« 枝豆 | トップページ | お裁縫? »