« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月30日 (日)

お裁縫?

Img_0948
Img_0952 梅雨とは言え良く晴れて洗濯日和!
ついでにカーテンも洗って
網戸ごしに風に揺れる白いカーテン、 
    あぁ、気持ちいい!

午後になって作りかけのクッションを仕上げることにした
生憎ミシンが故障、仕方なく手縫いで挑戦、
直線縫いとは言え全返し縫は思ったより大変で
ミシンの有り難さを痛感、
ゴルフウエア―であったスカートをリサイクル、
ハワイで買ったそれは色落ちもなく傷みもなく 
ただ 残念ながらサイズが???
Img_0949    お気に入りだったんだけどなぁ・・・
これも若い時の洋服を工夫してアップリケ、
   ワンちゃんのお出まし!
赤いリボンも付けておしゃれに、
   どう?美人にみえるかしら?

Img_0951

| | コメント (4)

2013年6月27日 (木)

スイカ!

   おはよう! 
聞きなれた声に立ち上がるとニコニコ顔のNaさん、
   これ・・・少しだけど・・・
   えっ、あらっ、すいか~、初めてなの、嬉しい!
 頂くばかりでと恐縮する私、
弾けるばかりの彼の笑顔につられて私までワクワク!
   これから伺おうと思っていたところなのよ
   昨日もあんなに頂いたのに、また~

重ね重ねのご好意にピョコピョコ頭を下げて感謝するばかり、
持参するつもりの僅かばかりの手作り惣菜を差し出すと
   貰いに来たみたいだなぁ・・・と笑顔がはじける、
暫らくぶりの逢う瀬に(?)話が弾んで 何を話したか意味不明で、
話しきれない時間が過ぎていった
バイクの音を立てて帰ッて行く彼の背中に
   ご馳走さま!奥様によろしく! 彼は片手を振って


早速仏壇にちょっとだけ見せて、チ~ン チ~ン!

スイカには消える事のない思い出がふつふつと湧いて、遠い昔が蘇る
それは 母が臨終の時、それは粉雪混じりの3月2日、
いまわの際に
   スイカが食べたい・・・消えるような呟き
、(
母は腎臓病であった
伝手を求めて東京中の果物屋に問合せ 神田須田町の”万惣”で
見つけたそれは片手に載るほどの小さいものであった、
勿論食べる力もなくなっていた母は ストローでひと口吸うのがやっとであったが
居合せたものにとっては 
   あぁ、喉に通った・・・    と せめてもの慰めが・・・

忘れる事のない”宵節句”の日であった、


Img_0940

| | コメント (2)

2013年6月26日 (水)

枝豆

珍しく朝から梅雨空、
起きだした頃にはすっかり雨になった庭の木々がしっとりぬれて 嬉しかろう・・・

そんな中Naさんがお野菜を届けて下さった
新じゃがは はちきれんばかり、玉ねぎもパンパンにはりきって、、トマトは恥ずかしげに色ずき何より嬉しいのは
枝豆、大好き、初物、父の大好物、!!
仏壇へひと枝供えてチ~ン、チ~ン!


今夜の献立に 初物が加わり、初物を食べると75日長生きすると言うから
体調今一の私には 有り難い頂戴もの、

早速、洗って鋏でチョッキン、チョッキン!
Img_0939父の笑顔がす~っと よぎっていく 


Naさん、ご馳走様!!

Img_0937_3 

| | コメント (2)

2013年6月23日 (日)

あぁ、やっぱり

今までにない胃の不快感がつづいたので主治医の診察を受けた、
5年前に胃がんを発見して下さった先生だし、何と言っても20年もつづく
お付き合いなので心やすく検査をうけた、
しばらく会わなかった看護師も
   うゎ~ お元気でしたかぁ~   なんて手を握って 笑顔がクシャクシャ、
先生も
   悪いわけないわよ、この元気だし、顔色もいいし・・・
励まされて”まな板のコイ”
エコーの結果は肝硬変にはまだ間がありそうとの答えに
   よかったぁ~!
胃カメラのあと 差し出された変な薬、どろっとした濃いグリーンのそれはだいキライ!
なぜなら胃の中の組織を取った後必ずだされる薬だからである、
   あら、採ったのね、
   お腹すいたでしょ
、と
クッキー とお茶を差し出し慰め顔の看護師の笑顔さえ空々しく見えて
   あぁ ヤッパリ・・・そうだったのかぁ・・・不安がぐっと押し寄せて
クッキーどころではなかった
予期していたとはいえ、ガックリ!
   結果が出たら知らせてあげるから・・・と先生、
笑みを絶やさない先生、思えばあの時もそうであったし、考えてみればいつも
ニコニコであった。

診察の後、他愛無い話で気持ちをほぐして下さり、持参したちりめん山椒をつまんで
   おいしい!よく出来たわね、  と、喜ぶ笑顔、
私は 気もそぞろにご挨拶して院を後にした、

車の響きも 人の流れも 何のその、気になるのは理学検査の結果だけ、
”人はなぜ死ぬんでしょ?”有名な芝居のせりふだが 
私には異常な響きで思い出された、

| | コメント (2)

2013年6月20日 (木)

横須賀菖蒲園 その2

Dsc_6459 Dsc_6463
山肌に添うように 山百合を見つけた、
   やまゆりだ~! 誰かが歓声を上げた、
百合の女王にふさわしい 気高さ、華やかさ、どっちから撮ったら一番美人かしら?
右に行ったり左に回ったり、横顔がいいかしら、目鼻立ちの良さそうなところをパチリ!
Dsc_6483 Dsc_6489 Dsc_6487
しばらく行くと 黄色い群れ、
   
あら、百合かしら?・・・違うわねぇ?
   カンゾウに似ているねぇ

黄色と赤のその花は群れをなして人々の目を引く 薄暗い山肌に赤い花びらが光るように群れて綺麗!
しばらく行くと 
   あっ、水車!
紫陽花に囲まれ 周囲の風景に溶け込んでまたとない佇まい、
Dsc_6468 Dsc_6385
Dsc_6499 Dsc_6502
風もおさまってきたようだし 陽は照らないし、この上ないお日和に上機嫌の私、
このところ、沈みがちの私だったが これで吹っ飛んでくれると良いが・・・
素敵な企画を下さって有難う!

| | コメント (2)

2013年6月19日 (水)

横須賀菖蒲園へ

Dsc_6350_2 Dsc_6391_2
横須賀菖蒲園へお供するチャンスを得た、
嵐の前触れであろうか厚い雲に覆われた空、どうぞ降らずにと願いながら、
想像をはるかに超えた立派な園の規模に驚かされた私、
噂にたがわず大勢の人が、それぞれの思いを抱いているに違いない、
私は期待を胸に・・・

Dsc_6355_2 Dsc_6370_2 Dsc_6393_2
Dsc_6403_2 Dsc_6422_2 Dsc_6434_2

山の傾斜に沿って咲くアジサイはやや盛りを過ぎたとはいえその面影は美しい、
菖蒲に興味のある私は何処から撮っていいのかあまりの多さにまごまごするばかり、
   ほら、あの花がいいでしょ、綺麗なのを探してね、
   あれですかぁ?
   そうそう、紫が綺麗だねぇ、

あっちを向いてパチリ、こっちを向いてはパチリ!新米の私は行きあたりばったりで
シャッターをきる、
気がつくと赤いたすきに絣の着物、
   あら、な~に?あれ?

   古い花がらを摘んでいるんですよ  と教えられて
これは良い被写体になるぞ~とばかり夢中でパチパチ!
   珍しいもの見せて頂いたわ   とニコニコ・・
   ほらほら、チャンスですよ、手を伸ばすときを狙って

Dsc_6410 Dsc_6412
急かされるようにカメラを向ける私、ブルブル、ワクワク、
   此処からの眺めも面白いんですよ、
   えっ 此処ですかぁ?
   な~るほど、パチリ!
 頷きながら私も遅れてならじと パチパチ!

Dsc_6359 Dsc_6437 Dsc_6445
これほど広い菖蒲園へ来たのは初めてなので 漲る魅力に時を忘れた、
どのくらい経ったのだろうか・・・お昼が近ずいたようだ、
   これで一周したんですよ、 と言われ
   降らなくて良かったぁ・・・晴れ男なんですねぇ・・・

後ろ髪を引かれる思いで園をあとにした、
帰途 ご案内のレストランでランチタイム、お決まりのハンバークがさっぱり味で美味しかった食後の特製プリンも美味しかった、抱えきれないほどの被写体に巡り合え沢山のアドバイスを頂き有意義なひと時であった、
カメラには175枚と記録されていた 生き残りは?どの位あるだろうか、
不安と期待を抱いて車中に、 帰りは渋滞もなくスイスイ、
空はどんより、でも雨は降らず 陽は照らず、絶好の撮影日和であった

| | コメント (2)

2013年6月15日 (土)

雨上がり

Dsc_6344今日こそは降るだろうと覚悟を決めていたのに
Dsc_6341時の経つのにつれて青空になって気温も急上昇
雨上がりの庭の花はすっきり顔、
今年は百合が良く咲いて
沙羅双樹も次々開き 妙心院の風景が思い出される、
窓もすっかり明け放って、我が家は夏に突入
部屋の暖簾をかけたり、扇風機を出したり

夏に弱い私は忽ちぐったりで 一休み、 と、
Dsc_6342    ピン、ポ~ン!
   ハイハイ
   k y 子ですが・・・

開けてみるとサクランボ片手にKy子さんのニコニコ顔 
   先生、ほんの少しなの・・・
   うわぁつ、嬉しい! 初物よ、有難う 、

 
  わざわざ遠いところを・・・・
Dsc_6340びっくりした私も思わずニコニコ 

エンジンの音 を響かせて去っていく彼女に
   有難う、ご馳走さま 



Dsc_6333 Dsc_6334

| | コメント (2)

2013年6月12日 (水)

枇杷が

房州から枇杷が届いた、

従兄が亡くなって久しいが残されたご子息が
初夏のソラマメとこの季節に枇杷を毎年届けてくれるのは誠に嬉しく感謝感謝である、

従兄が存命中は Meが可哀そうだ可哀そうだといっては私の事を
気遣ってくれて日用品までも送ってくれたものだ、
私はそれに甘えていつも助けてもらっていた
いわば房州からの贈り物は従兄から届いたようにさえ思えて 
心にしみる嬉しさ、懐かしさでもある、

その従兄が逝ってから何年たつだろうか、そんな父親を見ていたのだろうか
彼の亡きあと ずっと季節のものを届けてくれる思いやり、
その度に生前の彼を思い、ご子息の心遣いにも頭の下がる思いである

今日は稽古の後、Ky子さんにもお裾分けして
   あらっ、初物!   と言って二人でティタイム 
緊張の後のフルーツは格別の美味しさであった、
   Noちゃん、ありがとう! 甘くて美味しかった 

Dsc_6329

| | コメント (2)

2013年6月11日 (火)

オノマトベ

空は晴れず、心も重い、こんな時は肉体労働に限ると咲き終わった薔薇の枝を
切りつめることに、 高枝切りを持ち出して 
  えいやっ!バシッ!
  綺麗に咲いてくれてありがとう!ご苦労さま!秋には又咲いてね、

言葉にならないことを胸の内で・・・
丁度今日はごみの収集日、
    車が来るまでに終らせなきゃ~?    と 急ピッチ、
  エイッヤッ!バシャッ!バシャッ!  忽ち足元には切られた枝が山積み、

の前の静けさとでも言うのだろうか、風もなし、陽もなし、暑くもなし、
    ポツリ!ポツリ!雨かしら?
大きな袋に二つも出来た薔薇の枝、 私は汗だく

夕食後 テレビ”オノマトベ”と言う言葉の流行についてしゃべっていた
漫画によく使われるそうだが、思えばパソコンに使われる顔文字を文字で表したら
”オノマトベ
”であろう、
国会の議場でもよく飛び出すそうで 議員の先生方も流行にのっとっているのだろうか、
私も文中擬音語、擬声語、など良く使う事を思うと、
私って、もしかすると流行の尖端? とまでは言わないがその中に居るのかもしれない・・・な~んて 独りよがりの宵、
こんな時を”オノマトベ”で言ったら何と言うのだろうか・・・??

| | コメント (0)

2013年6月 9日 (日)

フラワーセンター第2弾!

Dsc_6321_2
Dsc_6326Dsc_6322
傍らには百合の花がびっしり、初めて見る百合の大群(?)には誰もが
驚いているらしい、
黄色、オレンジ、白、あれっ、深紅の花?・・・
    うわ~ッ、初めてだわ、蘂まで赤いなんて~
見つけた人は異口同音に歓声を上げる、さすが植物園、これほど多種類の百合を
集めるのはご苦労な事、

ひと巡りして お昼にはちょっと早いがベンチでランチタイム
お手製のおにぎりをパク、パク、
ちりめん山椒が程良い味になって思わずにっこり!
栗原はるみさんご推奨のニンジンの甘酢漬けが功を奏して 美味しいランチになった、

品のいいご婦人が ベンチに
    お邪魔してよろしいですか?
    はい、どうぞ どうぞ、

彼女はコンビニで買ったらしい折をひろげて・・・美味しそう、
どちらからともなく他愛ない話に花が咲き 思いがけなくおしゃべりタイム

これから一周りするという彼女は涼やかな笑顔を残して菖蒲園へ向かった、
爽やかな風が二人をと取り巻いてほんのりした時間が流れていた、


Dsc_6245
 Dsc_6296
Dsc_6306 Dsc_6309
Dsc_6310 Dsc_6328
Dsc_6246 Dsc_6298
Dsc_6303 Dsc_6314

    

| | コメント (4)

2013年6月 8日 (土)

フラワーセンター 第一弾!

Dsc_6255 Dsc_6270花菖蒲の噂に誘われて大船フラワーセンターへ出かけた、
噂どおりに花菖蒲が満開、画に描く人、カメラを構える人、二人連れで散歩、
穏やかな陽ざしが嬉しい、
毎年見る風情だが今年は丁度いい時季に巡り合えたようだ、
紙のように薄い花びらの先が縮れているのは雨不足のせいだろうか、
優雅な姿が損なわれて残念、
紫系が多いようだ、尤も 菖蒲と言えば紫を連想する人が多いことを思えば
むべなるかな、であろう

Dsc_6227 Dsc_6229
Dsc_6230 Dsc_6231
Dsc_6277 Dsc_6233
Dsc_6239 Dsc_6294
Dsc_6276 Dsc_6234

| | コメント (2)

2013年6月 6日 (木)

又咲いた!

Dsc_6217
昨日に続き二輪目のクジャクサボテンが咲いた、

驚いたことに昨日咲いた一番花も昨日の姿そのままに咲き続けている
月下美人のひと夜に限ることになれている私は ビックリ
同じように葉っぱの節目に咲き、おなじような姿なのに・・・
勿論 色は違うが・・・植物って不思議?  ともかく

二人揃ってハイ、ポーズ 

Dsc_6214

| | コメント (2)

2013年6月 5日 (水)

咲いた!咲いた!

Dsc_6186 Dsc_6190
サイタ、サイタ !
初めてクジャクサボテンが咲いた、
もう何年も前に近くの方から分けて頂いたものだが
期待をよそに全然咲いてくれなかったので 半ばあきらめていた今年も、ところが
   咲きましたよ、二つも、    心なしか花は小ぶりで色も冴えないが
   ま、初めての事だから良しとしよう、   残された一輪に期待を込めて、

沙羅双樹がなかなか咲かない、蕾がいっぱいあるのに・・・
やっと見つけた木陰の一輪、静か~に、しっとり、寂しげに、

なでしこは何日も咲き続けて とってもいい子! 
紫陽花は・
・・陽ざしが眩しそう、雨 降らないかなぁ・・・

Dsc_6207 Dsc_6204

Dsc_6200 Dsc_6197

Dsc_6196 Dsc_6211

| | コメント (2)

2013年6月 2日 (日)

なでしこ

2,3日前に咲き始めたカワラナデシコが満開に、 とは言え 僅かひと株なのでささやかなものだが何回も失敗している私にとっては万々歳 

今日お稽古にいらした Ko 子さんのお宅では見事に咲いて花束見たいですって・・・
羨ましい 
我が家でも来年こそは・・・頑張ってね。

Dsc_6183_2 Dsc_6177_2

| | コメント (2)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »