« 藪! | トップページ | つるし雛 »

2013年2月21日 (木)

四季の詩

今日は”四季の詩展示会”の当番、
大先輩との同席で内心ハラハラ、
時を埋めるように絶え間なく訪問者があるのは喜ばしい、
お歴々の間に挟まっての我が身は誠に恥ずかしく、
心も縮む思いであった、

我が作品を見ると Naさんのお力添えで色ました出来上がりに拍手!
知人の褒め言葉に心ウキウキ、だが疑心暗鬼は免れない、
もろ手を挙げて褒めてもらえるような作品を
撮れる様になりたいものと思わずにはいられなかった、

お世話になっている方々の来訪に喜びながら、
ちょっとばかり恥ずかしくて・・・消え入りたい気持ち、
心尽くしのお土産も有り難く、嬉しくあらためて友情の
有り難さを味わった今日の一日、

Dsc_5753 Dsc_5746 Dsc_5747

Dsc_5749 Dsc_5750 Dsc_5751

Img_0738

Dsc_4185 Dsc_5426
         夕彩                       渚

|

« 藪! | トップページ | つるし雛 »

コメント

お当番お疲れ様でした。

本当に素敵な作品で、目を奪われましたよ。私は両手をあげて賛辞を差し上げたいと思いました。

これからがますます楽しみですね。

お心遣いありがとうございました。

投稿: まゆクー | 2013年2月27日 (水) 03時43分

まゆさま
遠くまでお運びいただいて有難うございました、
お土産もたのしく、おいしく頂きました、
毎度毎度が通過点、その道のりの楽しいことが望まれますが、道は険しいんです

投稿: さえ | 2013年2月27日 (水) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藪! | トップページ | つるし雛 »