« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月30日 (日)

ニナリッチ!

Yo 子さんから贈り物が届いた

ボディクリーム、香水、指なしの手袋 それにお餅、
ナマコなんて我が家では作らなくなってひさしい)海苔と豆が入っていて ワクワク 

ニナリッチは何より嬉しい、以前外国旅行のお土産におねだりしたのが
残り少なくなってきたので、又お出かけにならないのかなぁ・・・と思っていた矢先の事
私の思いが通じたのかもしれない、

手袋の何と素敵な、斬新で 可愛くて ヌクヌクで、
    Yo子さん、有難う、お見立て素敵よ!
昨年頂いた豹柄のが(
評判がよかったのよ) そろそろ傷んできたので 残り毛糸で編もうと思っていた所、今年間に合うかしら?と思いながら・・・
カメラを使う時のことを考えての気配りが殊に嬉しい)

今年最後であろう 思いやりの詰った贈り物が湿りがちの私の心を満たしてくれた

外はやみそうもない冷たい雨が降り続いている。今日は雀も来ない

Img_0665 Img_0670

Img_0673 Img_0668

| | コメント (2)

2012年12月29日 (土)

正月支度

朝から取り掛かった おせち作り
最後の数の子、何故か味が決まらない
テレビで見た方法を真似てやってみたせいかもしれない、
どうにかこぎつけて ホッと一息、そこへ 
    こんにちは!これ少しだけど・・・ とニコニコ顔のNaさん、
     

泥つきの新鮮そのもの、泥つきの野菜なんて最近は目にしなくなったので
その新鮮さに大喜びの私 
蕪には葉っぱがいっぱいついていて
あげと煮て食べよう、とっさに献立が目に浮かぶ、
里芋も泥だらけ、すっかり洗って風に当てる、
里芋は洗って乾かして保存がbetterときくから
好物のベッたら漬けも懐かしい、
人形町へもしばらく行っていないので殊更嬉しい、

暮も迫った今頃なのに 奥さまと連れだって(ラブラブなんだから)わざわざお届けいただき感謝感謝 

真新しく見えた奥さまのピンクの上着が素敵、幸せ色かも・・・

Img_0662

| | コメント (0)

2012年12月28日 (金)

縁起もの

今年一番の寒さですって・・・
わが庭に珍しく霜柱が一面に、此処へ移ってきてから初めての事、
   寒い筈だわ~   くみおきの鉢にも氷がはって 冬真っ盛り 

そんな日 Naさんから 
   縁起物ですよ   と達磨を頂いた
   中身はおせんべいなんですよ   

差し出されたそれは、大きな目玉がくるっとにらみを利かせて・・・可愛い縁起もの 

父が存命の頃 毎年大きな達磨を飾って片方の目に目的達成の祈願をこめ神棚へ飾っていたのを思い出した
   いい事があったらもっと大きくするんだぁ   
言っていた父の笑顔が懐かしい

頂いたのも片目には墨が入っていない、Naさんは 
   体調快復したら目玉を入れてください、   と笑顔が優しい 

クリスマス飾りを片づけた玄関に飾って・・・訪れる人の驚く顔を思い描く 
ちょっとばかり茶目っ気 

Img_0659

| | コメント (2)

2012年12月27日 (木)

もういくつ寝ると・・・

房州からおが届いた、
習わしを踏まえての”紅白の餅”が嬉しい、

今年はなかなか届かないので はてな? お互いに若くはないので 何かあったのかと あらぬ心配をしていた矢先の事であった
やっと手にしたときの 満足感、感謝、それに安心感、思わず胸をなでおろして・・・

これで九分九厘整った正月の支度、黒豆、おたふく豆、数の子、田作り、
お煮しめの材料も買い込んだし、ぶりも(
昔のように一匹とは言わぬが
エビも、きんとんの材料も、伊達巻のしたくも出来たし、
さぁ、そろそろ仕込まなくっちゃ~・・・
明日から俄か板前に早変わり、風邪なんか吹っ飛んで行け~

お荷物で~す、慌てて出てみると Geさんから・・・
来た来たとばかり思わずニコニコ!大阪屋の焼き蛤!
何年になるだろうか 暮には欠かさず送ってくれる彼の心遣いが嬉しい!
百歳になるというのに忘れずに届けてくれて、その度にお互いの生存を確認(?)
電話のやりとりで笑いながら 永生きするんだよ と励まされて、
私はちょっとばかり ウルウル 
なにはともあれ ひと串、あぁ おいしい!

Geさん、有難う!来年もね、

           (写真を撮らないうちに開けてしまった、おりも 包装紙も捨てて・・・後のまつり!)

Img_0653

| | コメント (2)

2012年12月21日 (金)

パンジー

Img_0646 Img_0647

玄関前にパンジーが沢山!Haさんが届けてくれたに違いない、

早速鉢を整え栽培用の品々を持ち出し 
     さぁ やらなくっちゃぁ!   と腕まくり、

玄関前には黄色がいい、幸せが来るというから・・・
うつりのいい紫を添えて、赤紫は”じか植え”にしよう 空き地(?)を選んで・・・

培養土にさらに 牛フン、腐葉土を取り混ぜ、立派に育ってね、とばかり
プランター、鉢にも 植えた、水をたっぷり、鉢の周りも綺麗にして、予定の場所に・・・

開いた時の様子を考えながらあっちこっち動き回ってかれこれ1時間、
体調が思わしくないのに好きなことをやっている時は平気なんだろうか?
朝の頭痛も消えたようだ、

離れてみたり向きをかえたり 花盛りのときを考えて、
     あぁ、やっと出来たぁ~!
寂しかった玄関前がささやかに華やいで、
     さぁ、お正月いつ来てもいいわよ~

Haさんへお礼に行かなくっちゃぁ・・・
そうだわ舞昆をあげよう、お口に合うといいけど・・・ 


     おぉ、寒!  今朝はことさら寒いようだ


Img_0651_2 Img_0652_2

| | コメント (2)

2012年12月15日 (土)

リンゴ

Hiさんから例によって山形のリンゴが届いた、
赤くてつやつやしていて見るからに美味しそう、
夏のブドウ、冬のリンゴと 定期便のような ご好意に感謝、
私のお豆は届いたろうか?
それほど深い付き合いでもないのだが かれこれ30年近く続いている友人の一人
最近、ご主人が倒れて目下リハビリ中、週2回の病院通いは
さぞやと思われるがこうして お心にかけてくださるのには お礼の言いようもないほど 嬉しい事だ、
電話口に出た彼女は 少し沈んだ声だが 元気ですよ、とは言っていたが
看病疲れにならないように祈るばかり、

ご主人は、肉体的には多少の不都合があるらしいが IPADを操って暇つぶしをしているとか頭の中は正常らしいので 一安心したとか、
そんなことを聞くと 私もそろそろIpad始めたほうがいいかな?なんて考える。
だって入院した時には超便利と思うから・・・

私も医者通いの日々だもの、ご用心、ご用心、

Img_0643 Img_0645

| | コメント (2)

2012年12月 7日 (金)

ホ―ムページ同好会

Img_0640                撮影モード P

久しぶりの同好会で お偉方ご出席と聞き緊張。

”OpenStreetMap”についての説明、
Ka講師の作成した地図を 説明つきでみせられ感銘をうけた。

細かい手ほどきで新米の私も後についていけたのは嬉しい、
自分の住む近くの道を思い描いて あそこはあぁしなくては・・・とか
あそこの道はまだ歩いていないから たどってみようかな なんて夢が拡がる、
探究心をそそのかされた(?)一時間であった、

続いて
”ウインドウズ8”の扱い方を学ぶ、

スマホみたいに画面が出て賑やかな事、タッチするだけでスイスイ!なんて
魅力かな?

しかし、”ウインドウズ7”に ”8” の機能だけを入れるのは 熟考の余地ありとの
ご意見もあって・・・

でも ちょっと触れてもみたい感じ、やっぱり魅力があるのかなぁ・・・
よ~く考えましょ、先生方のご忠告を聞きながら・・・
それが今日の結論、
でも、Ma先生も、Go先生も入れてみたら・・・と笑顔が囁く

久しぶりにHaさんに逢えたのもうれしい、
  近いうちにお会いしましょうよ、おいしいもの食べに行きましょ、U 先生の着物で~
  そうそうそれがいいわぁ、きっとね、お正月がいいわね・・・
なんて子供みたいに指きりして・・・
このようなつきあいの人のいないここでは親しさを感じる数少ない友人の一人、
彼女は長い髪を無造作に束ねて帰って行った、頬笑みを残して・・・

学ぶことの必要性、知ることの楽しさを 感じた一日であった、

5時半終了、バスは混んでいてビックリ!道路が渋滞、駅に着くまでノロノロ。藤沢駅前にはお決まりのイルミネーションがキラキラ!
昨年よりはちょっと豪華になったか、
コンパクトカメラしか持参していなかったのでお粗末ながらぱちり!
設定を替えてみたら 同じ画面なのに印象はまるで違う、
器械の怖さか、腕の未熟さか、

すっかり暗くなって 道行く人も超忙しげ、

     撮影モード M 

Img_0627 Img_0628_2
     撮影モード P
Img_0633 Img_0635

| | コメント (2)

2012年12月 5日 (水)

遊行寺

Dsc_5659 Dsc_5649

Dsc_5666 Dsc_5676
名代の銀杏は満開(?)を過ぎてはいたが残りの黄色い衣を風になびかせて、
名残りの秋を感じさせる
(もう少し早く来ればよかたぁ~と悔やまれる、)

放生池の鯉が足音を感じてかそろそろと泳ぎ出す、
餌がほしいのか、人恋しいのか、
池越しに僅かに見える紅葉は真っ赤に、名残りの秋を思わせる、

庭内の一角にある碑に何やら句が刻まれている、判読してみると
”生きて居て相遭う(逢う?)僧や一遍忌” 雅号は読み取れなかった、
信者の寄贈によるものであろう、


さざんかのピンクが彩りの少ない庭を賑わしている、
Dsc_5680Dsc_5683
茶店も閉じて看板だけが寒々と・・・
秋は終りなのだろうか?? 冬には早い陽だまりの遊行寺。


Dsc_5658 Dsc_5671 Dsc_5673

Dsc_5678 Dsc_5654 Dsc_5655

| | コメント (4)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »