« 嬉しくて、悲しくて | トップページ | 美人の訪れ »

2012年7月 8日 (日)

墓参

予報通りの雨模様 
静かな坂道をそろそろ、何故か今日は足運びが悪い、
だけど今日だけは行かなくてはならない。
辺りには人影も少ない、持参した花  を整え、線香を立てる、煙はゆっくり上へ上へと昇って珍しく風が無い、
あの子が逝った日も、納骨の日も、ひどい風が吹いていたのが 
昨日の事のように思い出される、
今日は雨、線香が消えはしないかと危ぶみながら、南無南無。

持参した花、買った花じゃないのよ 私が育て、私が今見ている花、
お墓に供えるには不似合いかもしれないけど
私と規とが同じ花を一緒に見ている、そんな思いで今朝切ってきた花たち
水揚げもしてきたから一日ぐらいは持ってくれるだろう、

今さらどうにもならないけれど 母の、私の、切ない思い
40年あまりも経っているのに・・
解ってくれるかなぁ…あの子に・・・・のりちゃんわかって・・・

170段の石段を一段一段、心に刻みながら下る、
今度来るのは あぁもうすぐお盆だわ、その時までネ 一人で呟きながら

雨はいつの間にかやんで 八幡様には名残りの七夕飾りがはためいていた、
懐かしくて、いつまでも悲しい一日も過ぎようとしている

Dsc_3608 Dsc_3609 Dsc_3611

|

« 嬉しくて、悲しくて | トップページ | 美人の訪れ »

コメント

1年があっという間ですね。

furufuruさんのコメントにもらい泣きしそうです。母の『愛』の一言に尽きますね。

今年も元気できてくれて、きっと喜んでいらっしゃることでしょうね。祈

投稿: まゆクー | 2012年7月19日 (木) 02時32分

まゆさま
いつまでもと 笑わないでくださいね

投稿: furufuru | 2012年7月19日 (木) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嬉しくて、悲しくて | トップページ | 美人の訪れ »