« 嬉しい贈り物 | トップページ | 写真展 »

2012年2月10日 (金)

再会

思いがけない電話  にオロオロして・・・

ず~っと昔、亡き息子の家庭教師をして頂いたMo先生からであった。
お名前を聞いてもとっさには気がつかないほどのご無沙汰であったから、
そしてまさかお電話があるとは夢にも思っていなかったから・・・

お申し越しの時間ぴったりに我が家の前に銀色の車  が、
カーナビと言うものはこれほど便利かと思うくらいぴッたと、
すっくと立ち出でた姿は立派な紳士
あのスマートで人懐っこい好青年の髪にも白いものが混じって・・・
時の流れを感じた瞬間であった。(
勿論私は皺くちゃ

思えば40年にもなろうか 埋めようにも埋められない時の流れ、
それは あまりにも悲しい流れであった、あの子が逝ってしまったから・・・

話すほどに聞くほどに懐かしさが溢れて、時には笑い、時には涙し、
どの位の時  が過ぎたろうか、あっという間の時間であったような気がする

40年を埋める事は難しかろうが せめて残されたときを共有の思いでと共に
生きたいとの願いが湧いてきた。

ともすると諦めがちのこの世に もう少し・・・と未練にも似た思いが・・・。

|

« 嬉しい贈り物 | トップページ | 写真展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嬉しい贈り物 | トップページ | 写真展 »