« お赤飯 | トップページ | 一泊二日その2 »

2011年3月23日 (水)

その後・・・

3/19
あれから何日たっただろう・・・9日目かな?
17日にOpeをうけ、それ自体は順調のようだが相変わらずの、原発話題におののいて落ち着かない、たびたびの警報におびえて安眠できない日が続いている
2階のベッドに寝るのが怖くて階下のソファで 着たまま就寝、ソックスは履いたまま、
非常持ち出しの袋を脇にしての夜は あの忌まわしい戦争中のやりきれなさを思い出させる。

洗いたてのパジャマに着かえて・・・今夜はベッドで寝て見よう…と一大決心、
ラジオを聴きながら 温かいフワフワ感触、えぇ、ままよ!とベッドに身をゆだねた

朝の目覚めは最高で、やっぱり寝床というのは大事だなぁ・・・と。
久しぶりに 和食の朝、鮭がおいしい、ジャガイモの味噌汁が、ブドウ豆の甘さが舌にやさしい、
昨夜は緊急速報はなかった・・・今夜もと願うばかり。

純ちゃんからTel,かよさんが骨折だって・・・織江さんがてんてこ舞らしい、
おとなしくしていれば いいお母さんで居られるのに・・・わが身と比べて羨ましい限りだが・・本人はどう思っているのだろうか?振り回される周りの者がやりきれまい、
織江さんの 健闘を願うほかないが、

病院から連絡、24日は12時に移行、朝は慌てなくて済む、

3/21
洗髪したい・・・美容院ですませてさっぱり、(被災者の事を思えば我慢、我慢
スーパーへ寄ったら、お米も大分はいっている、パンも一通りはあるようだ、勿論麺類も並んでちょっとばかりホッとした、好みのパンはないけれど食パンを2個、レジで食パンは一人一個なので・・・と。自宅で焼くにも停電を予見しなければならず・・・材料があっても電気がこない、まことに こまったことだ、我慢、我慢。

Hi さんからTel,私を見届けるためらしい・・・(ありがたいこと)本町も元気らしく、病人もおちついているらしい。
隣家には 嫁入り先の福島から疎開してきた娘さん家族で賑やか。

の状態が心配で 何も出来ず、空白の日々が続く。今夜もベッドで寝たい。・・・

3/22
9:20分から計画停電、手持無沙汰で退屈このうえない、電気を使わずできるのは
  そうだ~編み物、早速取り出して・・・さて何を編もうか・・・とりあえず レッグウオーマーにしよう、手持ちのは大分痛んできたから この際・・・

Oさんから(男性ですよ~三ケ日日ミカンをた~くさんいただく、それほど深いお付き合いでもないのに 度々の頂戴ものに恐縮、 ひと房、パクリ、甘~い、おいしい、ありがとう
かねこTelあり、   何やら言い訳がましく言っていたが・・・

3/23 
17日にうけたOpeの検診、11時30分の予約、少し早目について待つこと・・・なんと受診できたのは2時、何のための予約だろうか・・・ヤット先生に会えて、・・・
例のごとく懐中電灯で目を覗き、
  あぁ、綺麗綺麗、と先生、
  よく見えます   と私、
  よかったわね、明日またやりましょうね
看護師から明日の予定を再確認して病院  をあとにした、

が降り出したのでシヤトルバスで大船へ、・・・屋根のある所をと・・・
藤沢についたら
雨はやんで、風が冷たい、お彼岸なのに・・・

|

« お赤飯 | トップページ | 一泊二日その2 »

コメント

本当にゆっくり寝たり、お風呂に入るのが怖い毎日でしたね。

でも少しずつ、落ち着きを取り戻せそうですよね。

明日は手術ですか。成功をお祈りしてます

投稿: まゆクー | 2011年3月24日 (木) 01時04分

まゆさま
お忙しいのにご覧下さって嬉しゅうございます、これから2度目の試練を受けに行ってきます。寒いですねぇ貴女様もお気をつけてお過ごしください、道中がおながいから・・・

投稿: furufuru | 2011年3月24日 (木) 06時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お赤飯 | トップページ | 一泊二日その2 »