« 母の面影を | トップページ | 手袋 »

2010年1月 5日 (火)

初旅

すっかり覆われた雲にいつの間にか切れ目ができて陽が差してきた。
どの辺かしら??と窓の外を見ると な、なんと富士があっ見える見える、もう大騒ぎ、
ほんのちょっと頭がみえただけなのに
よかったぁ よかったぁ とすっかり童心に帰って、もうちょっと右右、あっもっと、もっと! 
カメラを構えて自称カメラマンはすっかりその気になってぱちぱち。・・・
051_2車が進むほどに雲を着てはいるが富士がみえだして…ワイワイ大喜び
富士はねぇ少し雲があった方が画になるのよね、なんていいあいながら カメラマンは大忙し
左手に見慣れぬ白い建物が・・・お茶でもしようかぁ~~と車を降りて見る、あにはからんやほうとうやであった、昨日開店したという 店内は何処もピっカピカ。店員も初々しく、運ばれた大き目の鍋には熱々のほうとうが、もちもちしていて当たりであった。不動ほうとう と言うそうだが名物にしては格別の味であった。

車はさらに進んで、河口湖へ なだらかなその姿はいつも見慣れているそれよりもずっと迫力があってしばしうっとり、
Siraitonotaki063 次には精進湖へ、真ん前に見える富士のお山はまるで画に描いたよう、静かな湖に優雅な富士山、いつも何処かで見たことのある絵に違いはないが・・・本物、そうなの本物なのよ、手が届きそうな近くで見るお山は一段とその輝きを見せて心をとらえた。富士を撮り続けている人がオーナーという喫茶店にはその道の達人たちが寄ってくるとか、
素晴らしい写真が自慢のその店には学習するグループが尋ねるとか、Hさんの説明つき。

翌朝は雲がかかって生憎だったが行くだけ行ってみようと本栖湖へ、曇っていなければ此処にお山が見えるんですよと。
次は 白糸の滝へ、足元を気にしながら滝壺までの細い道を下る。なんとな025 く湿った様な空気にそれを感じながら・・
つきましたよ~ Y子さんの声にひょいと目を挙げると目の前に滝うわ~っ凄いのねぇ・・思わず叫んでしまった私、
そのスケールの大きさにただ驚くばかり。ここぞとばかりパチパチ、彼も夢中でパチパチ。どちらに傑作があるかな?

次は富士浅間大社で初詣、なかなか立派なお社で初詣の賑わいがひとしお。境内近く名物の焼きそばを・・・麺の食感が
ちょっと違うようだ、これが特徴なんだなぁと頷き合いながらパクパク、伸君は此処でも健啖か。

帰途 道の駅主婦の買い物(?)Y子さんと私は俄然元気になってあれもこれもと・・何処へ行っても、ねぇ

後ろ髪を引かれるようなおもいで帰途についた。明日は雪という予報を思い出しながら改めてラッキー

素晴らしいお正月をありがとう、何時までも忘れないわ、

|

« 母の面影を | トップページ | 手袋 »

コメント

新年早々、よい旅でしたね。

それにしても、写真がすばらしい~

富士山もですが、滝の写真があまりにもきれいでみとれてしまいました。カメラの腕も上げられましたね。

投稿: まゆクー | 2010年1月15日 (金) 23時47分

お褒めくださってお恥ずかしゅうございます。
断り切れずに参加したのですが・・・富士と聞いては後へは引けず・・・が本音。
滝は失敗しました、同行者はアングルがちがって脱帽しました。何回も行っているからかもなんて負け惜しみ。

投稿: furufuru | 2010年1月16日 (土) 14時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母の面影を | トップページ | 手袋 »