« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月30日 (月)

我が世の春

彼岸も過ぎたというのに北風が寒い。
でも庭には春が確実に忍び寄ってきて八重の花桃がいっぱい、青空に映えて春そのもの、足元には鉢植えの桜草が開き連翹も雪柳も負けずに我が世の春を謳歌
している。
やがて告げるであろう桜満開を待ちわびて。
Hanamomo015_2
Hanamomo014_2 Renngyou020_2




Sakurasou018_2 Yukiyanagi012_2

| | コメント (2)

2009年3月24日 (火)

運動12

ついにファイナルを迎えた。

みんななんとなくリラックスした様子、多分3ヶ月続けられたという
達成感の喜びを味わっているに違いない。加えて今日はWBCの決勝戦とあって
みんなソワソワ戦況が3対2となっては尚更のことである。

しかし開講時間が来てスタート!

今日で終わりですネェ、よく頑張りましたね、とにこやかに。
軽いウオームアップしてから体力測定、
最初より少しはアップしただろうか?期待を込めて指示に従う生徒たち(?)
あっ、よくなってますよぉ、と言われると子供みたいに笑みがこぼれる。
3ヶ月続けて何処か変っただろうか?減量した訳でもないし、皺が減ったわけでもないが動いた後の爽快感は自分だけが感じる喜び である。
間違えた時の恥ずかしさはなんとも照れくさいものだがそれは大目に見て頂くとして
年寄りがヨチヨチとついてこられた努力をかって頂きたい。

私には喜びが出来た、それは2,3日前のこと散歩の途中なんとなく小走りに
走ってしまった
あれっ?走れた?(勿論ほんの僅かな距離だが)術後初めて(何年前だったか?)のことだ。生涯走ることは出来ない、と思っていた私には青天の霹靂
歩いては走り、歩いては走り、を繰り返して・・・5000歩位かな、
私には信じられない事態であった
、もう嬉しくて、 嬉しくて
先生がここに居られないのが残念、一番先に報告したいのに・・

Hi先生、To先生、ご親切なご指導を有り難うございました
今まで知らなかったことのなんと多かったことか、それを理論的に理解させて下さったこと  なににもまして喜んでいます
お教えを胸に継続をモットーとして積み重ねて行きたいと思っています。
残された人生を健やかに命の終わるそのときまで元気で居たいと願っています。
頑張りすぎずに悠々と継続していくつもりです。

最後に写真つきの終了証まで頂き感激もひとしお、4月からの新しい船出に
今から心が躍ります。

折から”侍ジャパン、優勝の声に思わず拍手よかった、よかった
みんな大喜び、終了の日にWBC世界一への挑戦と同時進行とは忘れられない日になりそうだ。

関わった方々に有り難う!感謝感謝で一杯。

| | コメント (2)

2009年3月20日 (金)

蕗のとう

2009_031920005a暖かい陽射しに誘われて庭に出てみた。裏庭で
蕗のとう を見つけた。
移り住んで何年も経つのに今年初めてのこと。
いつも出ていたのだろうか?たった三個では??ネェ??
天麩羅にでもしようか

    2009_031920007a_2
Hanamomo012a





Hanamomo013a花桃にもピンクの花が咲いていよいよ春本番か。
好きな椿にも蕾が膨らんできて我が家の庭に彩りのますのもそう遠くはあるまい。

これで風邪が治ってくれれば
万々歳なのだが・・

| | コメント (2)

2009年3月18日 (水)

墓参

早くも彼岸、暑さ寒さもなんとやら・・・しばらく続いた寒さも今日はひさしぶりに晴れていかにも春の日。風邪がながびいて辛い毎日だがせめて彼岸の墓参はと心にかけて行くのが常である。並んだ墓に我が家だけ花も線香も無かったらあの子もさぞや寂しかろうと彼岸の入りの日には行くようにしている。顔なじみにあうこともしばしばでお互いに生きていられたんだなぁとほっとする。何処の誰ともしらないのに、お墓で合うだけなのに、とおかしなことだと思うのだが・・・今年も随分早くにきたつもりなのに もう2,3軒にはお花があがっていた。
誰もいない墓の前で様々の事思い出しちょっとほろり、何年経っても・・・

帰り道いつものところで白木蓮を・・満開にはすこし早いようだが蕾がいっぱい、もう少し経てば綺麗に咲くことだろう。
170段の石段も下りはらくらく。春の陽が降り注ぐ今年の春の彼岸。
Hakumokurenn10_2                

Hakumokurenn06_2 Hakumokurenn08_2

| | コメント (2)

2009年3月17日 (火)

運動その11

風邪がながびいて憂鬱な日が続いているが ついにこの日が来てしまった

勧められて(医者の勧告もあって)参加したのが1月はじめ
迎えの車を待ちながら北風に震えた日々、それがいつの間にか春の陽射しに変って時は駆け足で過ぎて行った。振り返ってみればもうそんなに経ってしまったのかと思うほど早い日々であった。
Syasinn134a 実働は今日が最終回とあっていつものような脳刺激、筋刺激、機能訓練にも思わず力が入る。イラスト入りのプリントには今後自主的に続けることの大切さ、その順序など事細かに説明してあり思いを新たにした。
ともすると運動には腰の引けていた私だがこの度初めて知らされたことのなんと多かったことか、 筋力の働きの大切さを思い知らされながら毎回が新鮮で楽しく送れたのは幸せであった、それは指導者の適切な指導によるものであったことは言うまでも無い

一区切りとしてこの度YMCAのグループに参加できる道が開かれたのも幸いである。挫折することの無いように心を引き締めて4月からの新しい挑戦にむけて Let'sGO

| | コメント (2)

2009年3月10日 (火)

運動その10

Syasinn132 せっかく春めいてきたのに風邪を引いて三日もダウン、咳がひどくて喉が破れてしまうのではと思ったほど辛い毎日であった。投薬された薬が効いたのか今朝になってヤット咳も治まり予定通り参加できたのは嬉しい限りである。

はじめは果たして三ヶ月も続くか不安なスタートだったがいつの間にか10回目になってしまった。巧みな指導に引き込まれるようにして楽しく回を重ねることが出来たのは幸せであった。いつの間にかこの日が楽しみになって家に居るときはグッパァ、グッパァ、イチニ、イチニ、と繰り返したりしている昨今である。これも指導者の適切なご指導があったればこそとその巧みなお導きに感謝している。

3ヶ月続けると何か効果が現れるそうだが・・・私はどうだろうか?足にハンデを持つ私は足の筋肉を鍛えたかったのでそれさえ出来ればほかに望みはないと思っていたが、こうしてトレーニングを受けてみるとちょっぴり欲が出てきてもっともっと思うのだがオーバーワークにならないようにすることが大切でそれこそが継続の極意といえそうだ。

4月からYMCAでのクラスがあるとききトライしてみようかなと心が動く。
帰りにランチタイムなんていうのもいいなぁ、買い物も出来そうだし・・なんて付加(?)に心が惹かれているみたい・・と苦笑い。

| | コメント (2)

2009年3月 5日 (木)

河津桜その2

Sakura07r1数日前わが町の河津桜を撮ったが生憎の曇り空であんまり綺麗ではなかった。晴れる日を待つ毎日、とうとう一週間もたってしまった。駆けつけてみると残念ながら盛りを過ぎて葉桜になっていた。色もこころもち薄くなっているようで染井吉野と変らないくらいであった。
Sakurar3ab011_3 諦めるのはちょっと待ってと腕を頼りに・・・いいえカメラに期待して・・・
(ちなみに前回はデジカメ、今回は一眼)空模様も今日は青空
さぁっやるぞぉ~~と腕まくり。
花も人も盛りが一番を実感したある日の昼下がり。

| | コメント (4)

2009年3月 4日 (水)

樋口一葉の記

四回にわたる樋口一葉の講義もついに終わりを迎えた

にごりえ』は一葉作品の中では難しいものだそうで
極めてさっらっと読んだこの度の講座だが皆さんは少なくともそれを読み上げたと言うことに誇りを持っていいだろうと講師の言葉。

今では想像もつかない貧しい暮らしの中どうしてあんな素晴らしい文章が書けたのだろう、随所に見られる巧みな表現、余韻を残した言葉
の端々に感銘を受けた事であった。
                                      産経新聞 2009.2.20掲載
Itiyour129はからずも2/20の産経新聞に一葉の日記の記事が掲載されていた
明治29年(1896年)2月20日の日記である。『我は女なり いかにおもえることありともそハ世に行うべき事かあらぬか』(私は女である、思うことをこの世の実現しようとすべきなのか、その思いを断つべきか、との意とある)この一文でこの日の日記は締めくくられていたそうだ。一葉研究のある人に言わせると一葉は必ず思いを実行に移す、と断言する。その思いが一体なんだったのか・・後世に謎を残してその9ヵ月後に一葉は逝ったのである。
僅か24歳のことであった

今まで知らなかった一葉について学ぶことの多かったこの講座、続いての開講を願って会場を後にした。                    

外は春には程遠い冷たい風に身を震わせる思いであった。

| | コメント (1)

2009年3月 3日 (火)

運動その9

ついに9回目になってしまった。

Syasinn130r今日は『老化は足から』というお話。『大腿四頭筋』を鍛えるようにとはよく聞いていたがあらためてその重要性を知らされた。
歩く、走る、しゃがむ、ぺたるをこぐ等、膝の伸展運動に使われる筋肉で後方に倒れそうになったときに踏ん張る筋肉と聞き、これは他人事ではないと聞き入った。日ごろから姿勢よく歩きバランス感覚を養うようにとのご忠告を頂く。

指導者の適切な牽引によってここまでついてこられたがどこかよくなっているのだろうか?そんな疑問を持ちつつの毎日。結果が目の前にすぐに現れるものではないのが継続することの難しさかもしれない、

私は体調がいいと あっ、運動しているからだわ、と悦に入っているが当初体重が日ごろより+2キロであったので(正月でもちの食べすぎ)何とか減量したいのだが??今のところ・・・変化なし医者へ行くと決まって減りましたかと開口一番いいえ、これもお決まり。そんなにすぐに減るわけ無いでしょ、とぼやいている昨今。最後の日までに少しでもいいから減ってぇ~~と切望してやまない。

伸展運動を念頭に姿勢正しく早足で・・筋力アップも、継続、継続。

| | コメント (2)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »