« フォト追加しました | トップページ | フオトに百合を追加しました »

2008年7月26日 (土)

文学散歩

尊敬しているO先生の引率なので真夏の暑さにもめげず参加。
インターネットでの講義だったので集った人々はみんな初顔合わせ。

2008_07240002おなじみの長谷寺、さすがに花の寺、季節の花たちが
あちこちで涼やかに夏の庭に彩りを副える
流暢な先生の説明に同行者はただ頷くばかり。
2008_07240004

2008_07240005_2

2008_07240006_2   私は何回か先生の話を伺っているのでミミはそちらにむけながら
被写体を探す。


2008_07240015 2008_07240021 久米正雄の像、虚子の句の石碑の前では先生の力の入った説明がことさら印象的。

2008_07240026次に光則寺、名前の由来を聞き山門を入る、有名な海棠が枝ばかりを
夏の陽に晒している。



2008_07240031_22008_07240033
2008_07240037宮沢賢治の『雨にもめげず、風にもめげず・・・』の石碑の前では先生は声を高めてこの詩の全文を記した石碑はここにしかないと力説される。
(なお其れにまつわるエピソードは一際心打たれるものであった。)
DCを持参したものはみんなそれとばかりにカメラを向ける、
口々に無理かなぁ駄目だろうなぁと呟きながら・・・
2008_07240043
2008_07240045 次いで川端康成の屋敷吉屋信子邸へ。
一世を風靡したかつての名作がしっかり保存されてみるものをうっとりさせる、有名画家の絵などが目の当たりできて至福のひと時。
残されている塀への拘りに改めてその人柄を偲んだ。

細い道を折れて最後の目的地鎌倉文学館へ、夏休みとあって子供向けの
催しにきびすを返す。
門前の係員が秋からの展示予定のパンフを差し出しながら
秋には又薔薇が綺麗ですからぜひどうぞ・・・
そんな言葉を後に暑い陽差しの中を帰途に着く、

鎌倉へ出て ランチ。アイスティの美味しかったこと。
いささか疲れた足を気にしながらバスに乗る。
歩数系をみたら18000歩余りであった。歩きすぎたかな

真夏の日の実り多い一日であった。

|

« フォト追加しました | トップページ | フオトに百合を追加しました »

コメント

毎日の殺人的な暑さの中よくお出かけになりましたね~~  18000歩なんて歩いたことないです。 お元気で本当に羨ましいです。
実りの多いお集まりでよかったですね。

私 チョット身の程知らずにかなり重いものを持って少し歩いたらたちまち膝に激痛が来て、今は自宅謹慎・買い物にも行かれず泣きたいです。 

少し涼しくなったら鎌倉散歩なんて出来るようになるかしら・・・と今弱気です。 

投稿: mako | 2008年7月27日 (日) 09時05分

暑い中、よくがんばられましたね。

実りある一日だったようですね。

投稿: まゆクー | 2008年7月27日 (日) 10時46分

まゆさま
いつも有り難うございます、夏の長谷寺は初めて(?)、それでも多くの花があって感激。久しぶりの講師の名調子にうっとり。
途中で抜け出すつもりでしたが何とか頑張って耳を大きくしてきました。体は年とりましたが頭はまだ何とかなりそうです、そう願っています。翌日はダウンしていましたが受講の後の整理に頭は切りきり舞。何とか切り抜けたい暑い夏です。

投稿: furufur | 2008年7月28日 (月) 06時42分

まこさんへ コメント有り難う。重いものって?金塊でも?大事にしてください、足は死ぬまで使わなければなりませんから。
講義を聴きたさに参加したのですが、意地だけではついていけません、幸い頭はまだOKらしいので何とか生きていますが。翌日はダウンしていました。夏は自宅避暑が一番。秋が待たれますね涼しくなったら鎌倉へでも行きましょう、足を治しておいてくださいネ。

投稿: furufuru | 2008年7月28日 (月) 07時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フォト追加しました | トップページ | フオトに百合を追加しました »