« 大地の恵み | トップページ | 朝顔市へ »

2007年7月 6日 (金)

七夕飾り

墓参の帰り 八幡様のあたりで裏方さんの記がひらめき
あわててバスを降りる。
バスの外は蒸し暑い・・・にもかかわらず大勢の人々が
行き交う。

2007_07060008振り返ると大鳥居に七夕飾りが
風にはためいている。
人々はわけもなくざわめき、
人力車は人待ち顔に・・・
町はすっかり七夕ムード。

2007_07060006

私の心をよぎるのは2日後に控えた息子の命日。
あの時、あの子はどんな思いで彼女との
七夕の宵を過ごしたのだろうか、
その翌日息子は逝った。
風の強い蒸し暑い土曜の夜であった。

|

« 大地の恵み | トップページ | 朝顔市へ »

コメント

七夕は切ない思い出の頃なんですね。

そんな思いでみると、また七夕飾りも違った趣でしょうか?

投稿: まゆクー | 2007年7月 8日 (日) 11時28分

そうなんです、例年このころになると
めそめそして体調を崩します、だらしない親ですが、あちらであの子はどんな思いでいるのでしょうねぇ。昨日は朝顔市へ行ってきました。アクシデントがあって帰宅とたんにダウン。
後日UPする予定です。
今朝老骨に鞭打って五目御飯をつくりました
あの子の好物のひとつでした。

投稿: furufuru | 2007年7月 8日 (日) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大地の恵み | トップページ | 朝顔市へ »