2018年9月19日 (水)

H施設へ

秋らしい陽気sunに救われて出かける
風邪は治りきらないが待っていてくれる人がいると思うと休めない、
予定通りに坂道をテクテク、run思いのほか熱い、

メンバーは揃って元気、それが何より、wink
”中秋の名月”と書きたかったが 前回にも”月”を書いたので
秋は夕暮れ”と
   枕草子にある言葉ですよ  と告げる、
知ってか知らずか頷く面々、

”が難しいらしかった、字画が多いと苦労するらしい、
筆をたてて書くコツがつかめないで 四苦八苦の顔、顔、顔、weep
どうにか清書にこぎつけた、
ちょこっと習ったぐらいで済む筈もないと解っていても健常者との違いに
戸惑う、指導力の不足だろうか?

書き初めに備えて名前の手本を渡し、次回までにと宿題に出して帰途につく
果たして書いてくるだろうか 期待したいものだ
帰宅、コーヒーcafeを一息に、喉に嬉しい、happy01

~~~~~

夕方、電話がtelephone、Oさんからであった
   今帰りがけに寄りますから・・・と忙しげにsign02
タクシーの中car、笑顔が、lovely
   おりないでいい?  と大きな紙袋・・・present
   有難うございます、 手を振って・・・タクシーcarを見送る
頂いた袋を開けてみると 清閑院の栗しぐれ、(初めて見た) 華正楼のシュウマイ
盛りだくさんのおみやげ、彼女曰く 
   敬老の日のお祝いよ  だってheart04
こちらは何もしないのに・・・またまた頂き過ぎで恐縮の極み、lovely

風邪気味でシクシクしていた私は急に元気が出たようだ、
美味しそうなお菓子にウキウキhappy01シュウマイは明日頂こう、
一日遅れの敬老祝い、heart04
嬉しい事が思いがけなく飛び込んで 幸せいっぱい、heart04
来年も生きて居たい、

Img_3957  Img_3958





| | コメント (1)

2018年9月15日 (土)

愁海棠

Img_3953愁海棠がソロソロ咲きだして 
我が家の庭にも秋の訪れ、

貴船のそれも咲いているだろうか
目を奪うあの群生の美しさは
忘れられない景色の一つ、

案内をしてくれた人は健在だろうか、
綺麗だったっけ、
川のせせらぎも懐かしまれる
Img_3954


過ぎた昔が蘇った一瞬!

庭の隅っこに彼岸花も咲いて秋本番、、

Img_3951  Img_3952







| | コメント (1)

風邪かな

敬老会から帰った夕方 どうも調子が悪い
あの程度で 疲れる筈もないと思うが??sad
慣れない場所で 慣れないことに耐えた時間は
今の私には無理だったかもしれない
2,3日まえから 体調を崩している身には負担であったのかなぁ、
日頃から人前では 出来るだけ我慢するように心がけているので
さほどとも思わないが弱っていた身には・・・
見えを張り過ぎたかな?やせ我慢も程々にしなければ・・・

夕飯もrestaurantそこそこに早寝、
ゴールデンタイムclockを外さないように時刻を確かめベッドにゴロン! 
夏がけが丁度いい陽季になったようだ、

ぐっすり眠れたようでsleepy 一眠りした夜明けnight、4時を指す時計の針、clock
ゆっくり眠りはしたがまだ起きるには早すぎる、もうひと眠りしたい、
ラジオのスイッチを入れる
深夜便に耳を傾ける 途中からなので理解に苦しむ
早く夜が明ければいいがぁ・・・未だ間がありそうだ・・・

我が家の庭 秋咲きのバラが一輪垣根に、寂しそう、

Dsc_5786_2







| | コメント (1)

2018年9月13日 (木)

敬老会へ

お誘いを受けて 敬老会

指定の場所へ9:30分clockに集合 
立派な観光バスrvcarで会場へ、
会場では施設の職員がたがお出迎え、
どちらを向いても年寄りばかり、その筈、敬老会だものねぇhappy01

型通りにえらいさんの祝辞、
写真でしか見たことない市長さん、議員さんが雛段に・・・

有志のカラオケがご披露される、
待ちに待った祝いのお弁当、朝食の早かった私は やっと・・・と救われた思い
小さな箱に詰められたそれは ささやかな ままごと、年寄り向きなのだろうか、

時が過ぎ、有志のアトラクション、日頃のお手並みをご披露、
ご道楽には 時と金がかかるだろうに、陰のご苦労が偲ばれる、
江戸っ子のつもりの私は 江戸前の ”かっぽれ””木遣り”は懐かしかった
その昔、芸者上がりのお姉さんが 木場に住んでいたのを思いだした
あの辺も変わっただろう お姉さんは健在だろうか いやいや・・・遠い昔の事、

昔の歌を歌ったり、昔語りに花が咲いたり、思いがけない人にあったり、heart04
日頃味会う事の無い空気に囲まれての数時間であった

関わった方々のお骨折りに感謝しつつ、帰途に、
指定の場所からはそれぞれに我が家へ、
   降らないでよかったわねぇ・・・元気でね、来年もね、 な~んて heart04
そんな言葉が、笑顔が、 飛び交う街角、
お互いに手を振って 今日1日が終わった 陽ざしの無い午後の街かど、

Img_3935_2  Img_3945

Img_3938  Img_3939

Img_3944  Img_3947

~~~~~Img_3948_2

Nさんのご来訪、
愛妻の運転で ・・・
何事かと おどおどする私、
籠の中にブドウ
やまなしのほうだって  
行き先を聞いたが 忘れた

温泉にいってきたんだ

ラブラブネ 甘そう?Img_3949
うんと甘いよ、 だって、
さぞや甘かろう
ご馳走様!、

可愛い籠に治まったブドウの房、




















| | コメント (1)

2018年9月10日 (月)

タブレット講習

Nさんのご指示で タブレット講習会へ参加、

大分前に受講して一応は認識した筈だが 私の不勉強で理解していないと
判断なさっての事であろう、
私は恥ずかしさをこらえておずおずと会場へ、
顔なじみの人もそうでない人も 笑顔で迎えてくれてほっとしたwink

内容は以前と変わる筈もないが前回と違って
基礎を具体的に説明してくれたのは目の覚める思いであった、heart01
   今度こそはシッカリ覚えて帰ろう
、な~んて、・・・
午前中は基礎を、午後は応用編をと 駆け足ながら事が運んで
  すっかり解ったつもり! 家に帰ればどうだか???
  前回よりはいくらかましかぁ 
と そうあってほしいものだと自問自答、

この種の講習を受けるときいつも感じるのは
教え手を仕事にしている方々ではないので知識は十分でもそのテクニックに
違いがあるのは 当然だと思うが受ける方は無知なのだからその点を
踏まえて指導してもらいたいものだ と 

ある時はそういう立場に立つ事もある私は自らを見つめ直す機会でもあった
次回は10月とのこと、予約して帰途に、

帰りのバスrvcarに飛び乗って藤沢へ、
夕方のせいか家族連れでバスは満席sign01
ベビーカーの始末にまごまごする人が2、3人 狭い車内は移動にひと苦労、
カートを持って来なくて正解であった、と胸をなでおろす

辻堂からは 一時間ぐらいだろうかclock、家についたら5時clockを過ぎていた、run
疲れ果ててなす術もなくあり合わせで済ます夕飯、一人暮らしの 幸か 不幸か、
復習はおろか、PCを開ける事もせずに就寝、体力の衰えがすさまじい、shock
 

事前にWへ次回の欠席を告げていたのは正解であった、

| | コメント (1)

2018年9月 7日 (金)

9/6

敬老会へお誘い

今年度の敬老会への招待状が届いたloveletter
お仕事とはいえ何軒もの家をまわるOさんのご苦労が思いやられる、
生憎重複した行事があって出席をためらっていたが、
近くのHさんが留守中に3度もいらして、
   貴女が行くなら私も連れて行ってね、と乞われて断ることが出来ず承諾、
土地の人でありながら社交的な生活のうすいひとのせいか心細いのかもしれない
彼女は手土産に花の苗をいくつも下さって・・・心遣いに感謝、heart01
O さんにもその旨告げて・・・付き合いも大事だし、芸の内か・・・

~~~~~

眠れぬ夜mist深夜便に誘われながらいたずらに時が経つ、
3時clockをやや過ぎた、北海道に地震だって西日本の嵐の後始末もすまないうちに
今度は北国に地震とは・・・災害続きに驚きと 不安が・・・
遠い国の事とは言え いつなんどき我が身にもかと不安が押し寄せるweep

不眠に悩まされていた私はいやがうえにも増す戦きに身の置き所もない
早く明るくならないかなぁ・・・せめて夜が明ければ・・・
朝に陽ざしが嬉しい、ヤット、ヤット・・・
頭が重い、珍しく食欲減退、夏の暑さの後遺症だろうか、気分悪し、
Wへの欠席を告げた、telephone
  いつもと違うようですが 大事にしてください、医者へ行きましたか、
   急用があったら言ってください、・・・と
  有難う、その時はよろしくね・・・

遠くの親戚より 近くの他人、とは言うがこの辺は 思いやり、労りが希薄で
そんな親切はのぞめないと思っている、
今日一日 普通で いいや、普通に近ければいいと思うのが実感、

| | コメント (4)

2018年9月 5日 (水)

H 施設へ

typhoonの情報が乱れ飛ぶようにテレビtvの画面はそれ一色、
しかし休むわけにもいかず、やや早めに出かけた、雨rain模様なので
カートは使わず荷物を必要最小限に、それでも坂道は???

悪天候にも関わらず欠席者は居なくてホットしたheart01
もっとも施設へは送迎があるので当然のことではあるが

今日は、
夜半の月”と書くことにした
   紫式部の歌ですよ、
   めぐり逢いて みしやそれともわかぬ間に・
・・・と
言うと、Hさんがすかさず 
   百人一首ですねぇ・・・と
マージャン好きのおじさまに そんな教養があるとは 人はみかけによらぬもの

四文字書くのは初めてなので一苦労、
回を重ねるごとに字数を増してみるが 前途洋々の感、
それなりに書ける人も、そうでない人も脳トレのつもりでいいのだ 
私自身に言い聞かせて、お相手するが 歯がゆさに ともするといらだちにも似た
気持ちが持ち上がるのは私の修行不足か、weep

のみこみやすいように、一を書く時
   ”トン、ス~、トン” 
コツを説明すると面白いようについてくる リズミカルなのが面白いのかな
昔 漢字の先生が初心者に教えていらしたのを思い出して実行してみたら
素直に結果が見えて来る、な~る程・・・ 先人の知恵に敬服

コツを飲みこんでくれた人も、そうでない人も時間をかけるのが必要、
大きく書けなかった人も真ん中に書けるようになって一歩前進、
F さんはいつものように自宅での練習を持って来て神妙に提出、
一番熱心かもしれない、
”の”が なかなか難しいらしく 苦笑いが拡がる教室、
どうにかまとめてそれぞれ張り出すと いつものようにひと際ざわめく、
書き初めに備えて名前を書いてくるように宿題を出して終了、

帰り際、出口に
   今日は風がひどいのでお送りします・・・と車のドアーを開けて・・・
寝耳に水とはこういうことかもしれない、
施設長の運転で我が家まで、ルンルンの帰り路、heart04
傘を忘れた~・・・マイナス3点か?shock
    

| | コメント (2)

2018年9月 4日 (火)

おしゃべり会

9/2

久しぶりに都合がついてIwさんと逢引(?)
1っ月余りも合わなかったので、何から話したらいいか、
例によって”蔵すし”へ 、時間帯のせいか日曜日にもかかわらず
空いていて よかったよかったと 二人で ウキウキhappy01

ビールbeer好きの彼女が珍しくのまない、sign02
胃の検査の為とは言え 酒のみが飲めないのは”お気の毒”
病には逆らえないのが可哀そう、 
シッカリ者の彼女は顔にも出さず・・やせ我慢しているに違いない 
可哀そうこの上なしweep
酒のみはのんだ方がいい、安心! 
好きな物を食べ 尽きる事の無いおしゃべりに時が経つ、
食べる事とおしゃべりは 疲れる事がないから不思議、

帰りに買い物をしたら 財布がない?バッグからいれ替えたとき落ちたのかも、
(ウッカリママさん丸出し)彼女に ”オンブニダッコsign01
呼んでもらったタクシーcarで帰宅、  
頂いた焼き飯、マグロの佃煮で夕飯、ブドウも、あるしデザートを眺めてウキウキ!
鍋釜いらずの夕飯であった、お昼もご馳走になったし彼女に養って貰った感じ、happy01
お素麺も頂いたし、当分は財布の紐は緩めずに暮らせそう、ハッピーな一日であった、お互いに元気で居ようね、ガラス越しに笑顔がはじける、lovely

Img_3928 Img_3929 Img_3931
夕方帰宅したら、
玄関口に花の苗がいくつもいくつも・・・
Hさんに違いないと思いながら おばあちゃんの顔が浮かぶ、

明日、お礼に行かなくっちゃぁ・・・ニチニチ草が微笑んでいる

9/3

Wへ、
休みたいがお迎えが、(昨日遊び過ぎたかな)
いつものように可愛いお嬢さんドライバーの笑顔に癒され出社(?)
いつものカリキュラムをすませ、いいとも悪いとも言わずにお別れ、
Nで過ごした時間とは全く違う雰囲気に 毎回戸惑いながら 
   まっ いいかぁ、そのうちに・・・、catface
帰宅後 そうめんをゆで、適当な具を入れてつるつるっ、
違った味の麺に 首をかしげつつ、彼女への感謝が蘇る、

キンコン!
出てみるとHさんのおばあちゃんが車椅子でニコニコ、lovely
   この間は ご馳走さま お礼もしないで・・・
    昨日3回も来たのに居ないから何かあったかと心配したよ と、
   ごめんごめん 友達の家で一日遊んじゃったの
    お花を沢山有難う、未だ植えてないけど・
・なんてやりとり
近ずいた食事会の打ち合わせだった、
   暫らく参加していないので・・・と 不安げ
    貴女が行くと聞いたから 一緒に連れて行ってね  と
   ご一緒しましょうね、時間が決まったら知らせがあるから・・・

シワクチャな笑みを残して車椅子で去っていく、
   あんなに元気だったのに・・・丸くなった背にさようなら
聞くところによると、おじいちゃんは介護施設へ入院中とか さぞや寂しかろう、
食事会をエスケープしようと思っていた私は、その不可能を痛感、(こまったぁ)

関西方面に台風の予報が、関わりのある人々がご無事でと祈るばかり、
関東も油断はできないと・・・怖いのは??頼るすべなし、

Img_3932 Img_3933 Img_3934


| | コメント (2)

2018年8月31日 (金)

当日便?

り~んり~ん、telephone出てみたら甥のJちゃんから
声変わりかな、恋煩いかな、いつもと違う声に不安を感じながら応答、sign02
何やら珍しいものを送ってくれたらしい、
   ありがとう、有難うを繰り返すのが精いっぱいの私、wobbly
あの子も変なおばさんと思っているかもしれない、よくききとれないんだもの
宅急便を待とう、

~~~

昨日受講した”絵手紙”見れば見るほど、おかしな出来、sad
  まっ、いいかぁ~、20年ぶりだものねぇ
心新たに絵の具にタッチして見たくなった、暇つぶし、脳トレ

ひびの入った絵の具は使えそうだし、ご指定の筆も健在だし、
専用の葉書も一箱あるし、
  さぁ、また道楽がふえた~lovely

と、 
   キンコン!
   何方? (こんな夜になって~?)
   宅急便です、
   今頃??どなたから? 
   Saさんからです

ドアーを開けてみると J ちゃんからであった、
当日便と赤字のレッテルが張ってある 、しかも冷蔵、sign02
当日便なんてあるの~初めて聞いた、

早速電話、telephone
トウモロコシは青森からのもので ブランド品なんですって、sign03

トウモロコシにブランド品があること、当日便と言う宅急便があるのも初耳、sign03
好きなカボチャも入っていて ホクホク、おいしいポタージュが出来そう、happy01
 
Img_3926  Img_3927
夏の終わりに近ずいた夜nightでした  明日は忙しくなりそうheart04 

| | コメント (4)

2018年8月30日 (木)

絵手紙に

何年ぶりだろうか、絵手紙の講習を受けることになったのは・・・heart04

思えば
20年も前のある日、代々木の教場で手ほどきお受けることになった小池邦夫先生
優しくて、真面目そうで、滲みでるそのお人柄に魅せられたのは言うまでもない、

その頃の私は 書に夢中であったが 受講時間の合間に覗いた絵の世界、
そのころは絵手紙なるものは広まっていなかった、
それからしばらくして世間に絵手紙が騒がれ始めた、
と、あるチラシに、小池先生のお名前を発見、
   下手でいい 下手がいい、と言うキャッチフレーズに驚きと懐かしさが私をかき立てた、

若かったし、書と絵がコラボしたらいいなぁ…なんて夢みたいなことを考えていた私は
直ちにその教場へ通った、2,3年であったろうか、もっとかもしれない??
小池邦夫と言う名前を見ては飛びついて行った、文字通りのおっかけであった
ただ 先生と同じ時間を共にするだけで感激であったし、上手になった様な気がした
目にする先生の本は躊躇わずに買った、それらは今も書棚にその名を連ねている、
往時の絵の具はひび割れしているが 昔の思いは今も変わらないheart04

与えられた時間やら、何やらで中途半端な経過であったが
下手でいい、下手がいい、と言う先生のお言葉は今も脳裏に沁みついているし
それの言葉に救われているのかもしれない

そんな前歴(?)があってこの度”通いの場”の案内に絵手紙と言う字を見た時の驚き、
ためらいもなく飛びついて 前日からソワソワheart04 

当日の指導者は知るべくもない方々で、私も素知らぬ顔で参加、
昔の知識を小出しにしながら恐る恐る葉書に取り組む

かぼっちゃが画きやすそうなのでトライ!
輪郭を割りばしで書くのは初めて、見よう見まねで形作り、アシスタントの助けを借りて
それらしく、とは言え 絵が苦手な私は四苦八苦お化けかぼっちゃの出来上がり
2枚めは ピーマンを画き、手直しを受けた末どうにかそれらしく・・・、
ボードに張り出されてみると
    まっいいかぁ・・・  と自画自賛(?)
ときめきを感じた一瞬であった

たった2時間clockのお楽しみであったが、昔の事が走馬灯のように駆け巡って
脳の活性化”になったかも・・・lovely

帰り際、Kさんにも挨拶、ブログの宣伝をして独りよがり、
8月で故郷へ帰るというレンタルカートのお兄ちゃんにもあえて 
  後三日になりましたと   名残
惜しそうな笑顔、
帰途わいわいで買い物をして、カートは満杯、持参の水も底をついた、

駆け込む我が家、何はともあれ水!水!

往路はタクシーcar、帰路は歩行run、汗びっしょりsweat01、脳内は絵手紙でぎっしり、歩数は7000歩、

T さんからの京土産present、初めての味が楽しみ、 ご馳走さま、happy01

Img_3918
Img_3921  Img_3915

                      
    京土産! お茶の佃煮






| | コメント (4)

«やっと・・